自動運転技術の「WeRide」、シリーズBでの調達総額が320億円に 広州でミニロボバス試験運用を開始

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

自動運転技術の「WeRide」、シリーズBでの調達総額が320億円に 広州でミニロボバス試験運用を開始

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

レベル4(特定の条件下における完全自動運転)に特化した中国の自動運転スタートアップ「文遠知行科技(WeRide.ai)」は、このたびシリーズB2およびB3での資金調達を完了し、シリーズB合計の調達総額が3億1000万ドル(約320億円)に達したことを明らかにした。

リード・インベスターはバス、トラックなどの商用車メーカー「宇通集団(Yutong Bus)」、コ・インベスターは「CMC資本(CMC Capital)」などの新規株主と「啓明創投(Qiming Venture Partners)」、「創新工場(Sinovation Ventures)」などの既存株主。

WeRideは2020年末に、宇通集団からシリーズB1で2億ドル(約210億円)を調達したことを発表したばかりだ。これは中国の自動車メーカーが自動運転分野に対して行った出資としては最高額だった。

現在WeRideと宇通集団は、都市部の公道で走行できる完全無人運転の小型バス「ミニロボバス(Mini Robobus)」の開発を共同で行っている。この小型バスは無人運転システムを搭載した量産型モデルで、ステアリングやアクセル、ブレーキペダルはなく、走行は全てWeRideのフルスタックソリューションによって行われる。

今年1月15日からは、WeRideの自動運転ミニロボバスの試験運用が、広州市のバイオ産業の集積地である「広州国際生物島(Guangzhou International Bio Island)」のオフィスエリアと商業エリアを対象地域として開始される。これは同社が2019年11月にローンチしたロボタクシーサービスに続くもう1つのモビリティサービスであり、市民は生物島でロボタクシーとミニロボバスの両方を同時に利用できるようになる。

(翻訳:浅田雅美)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録