アリババ、旷視科技(メグビー)の6億ドル資金調達に参加予定

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業スタートアップ

アリババ、旷視科技(メグビー)の6億ドル資金調達に参加予定

阿里巴巴将参与旷视科技6亿美元融资,交易或在本月晚些时候公布

旷视科技或将成为商汤科技的“同门兄弟”。

据彭博报道,阿里巴巴将参与旷视科技超6亿美元的融资。36氪向旷视方面求证,对方表示不予置评。不过,36氪从知情者处获悉,旷视新一轮融资已敲定,或将在本月晚些时候公布。

旷视科技所获的6亿美元与商汤3个月前完成的C轮融资数额一致,后者由阿里领投,苏宁跟投。

彭博社报道称本次融资高达6亿美元,外界普遍认为,以旷视科技目前的营收状况来看,这一金额显然过高。值得注意的是,在C轮融资4.6亿美元时,已经有人对于其融资金额过高问题提出相应质疑。对此,旷视科技创始人兼CEO印奇曾表示:“其实公司不需要那么多钱,融资的意义在于证明旷视在行业中的领导地位,以及能树立行业更正确的评价标准。”

如若金额属实,旷视科技显然能够证明自己的行业地位。此外,从潜在投资方来看,旷视科技显然也是行业内的明星公司。成立至今,旷视科技已经拿到了两次来自阿里的融资。而据消息人士透露,腾讯也看中了旷视科技。2017年11月,旷视科技获得了4.6亿美元的C轮融资,融资方中就有蚂蚁金服的身影。该轮融资完成后,旷视科技未透露具体估值,但今年6月,据旷视科技高管透露,该公司估值已超20亿美金。

一个趋势是,BAT都正积极在AI领域布局。如果说百度投资更看中AI的落地场景,腾讯偏好AI的各行业覆盖性,那么阿里的投资战略明显是以技术导向。如下表所示,旷视科技、商汤科技、寒武纪、思必驰等等的核心业务均为AI相关技术研发,这都很好地证明了这一点。

最前线|阿里巴巴将参与旷视科技6亿美元融资,交易或在本月晚些时候公布

近年来阿里主要投资的AI公司,36氪据公开资料整理

不仅在投资上多偏向技术公司,阿里还于2017年10月11日成立阿里巴巴达摩院,计划3年投入1000亿进行前沿技术的研发,其中AI技术占很大比重。

BAT的加入和积极布局,无疑表明了AI行业具有很大发展潜力。

目前,随着技术的不断成熟,AI领域正迎来又一个投资热潮据。根据北京清华大学发布的《中国人工智能发展报告2018》显示,2017年年全球人工智能投融资总规模达395亿美元,融资事件1208笔,其中中国的投融资总额达到277.1亿美元,融资事件369笔,分别占全球的70%和31%。

不过,资本虽热,AI技术依然没有找到很好的落地场景,也没有形成成熟的商业模式。这也让不少资本过热的AI项目被认为是在玩概念烧钱。亿欧智库发布的《2018中国人工智能商业落地研究报告》显示,中国AI企业吸金很旺但90%是亏损的,今年还将迎来倒闭潮。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

旷視科技は商湯科技(Sense Time)と「同業の兄弟」になるかもしれない。

ブルームバーグ社の報道によると、アリババは旷視科技の6億ドル資金調達に加わろうとしている。36Krが旷視科技に確かめたが、ノーコメントと返ってきた。しかし、36Krが把握したところでは、旷視科技による新ラウンドの資金調達はすでに決まっており、今月の下旬に公表される見込みである。

旷視科技が獲得した6億ドルは、商湯科技が3か月前に完成したCラウンドの金額と一致し、後者の資金調達はアリババがリード投資、蘇寧電器が共同投資を行った。

ブルームバーグ社の報道では今回の資金調達が6億ドルにのぼり、外部は旷視科技の現在の営業収入状況から見るとこの金額が明らかに高すぎると考えている。注目すべきことに、ラウンドCでの融資が4.6億ドルの時に、この資金調達金額が大きすぎることに疑問を呈した人が少なからずいた。これに対して、旷視科技創業者兼CEO印奇曽氏は「実際のところ、会社はこんなに多くのお金を必要としていないが、資金調達はある意味では旷視科技が業界におけるリーダーシップを証明し、更に業界でより正確な評価基準を樹立することにも繋がる。」と語った。

もし調達金額が事実だとしたら、旷視科技は自分の業界における地位を明らかに証明することができた。これ以外に、投資家から見ると、旷視科技は明らかに業界内の寵児である。これまでに、旷視科技は2回アリババからの投資を得ている。消息筋によると、テンセントも狙っていた。2017年11月に、旷視科技がラウンドCで4.6億ドルの資金調達を終えた時に、投資家にはアント・フィナンシャル会社の存在があった。このラウンドの資金調達が完了した後に、旷視科技は具体的な資産評価を明らかにしていない。しかし、今年6月に旷視科技の幹部はこの会社価値が20億ドルをすでに超えていると漏らした。

このトレンドは、中国3大インターネット企業BATが積極的にAI分野での布石を敷いていることを表している。Baiduの投資家がAIの今後の可能性に目を付けていて、テンセントはAIの業界カバレッジを狙い、アリババの投資戦略はテクノロジー志向であることがはっきりしている。下のグラフが示す通り、旷視科技、商湯科技、寒武紀科技、思必馳などのAI企業のコア業務がすべてAI関連の技術開発であることが、この説を裏付けている。

36Krがここ数年でのアリババの主要投資AI企業を整理した資料を公開する。

アリババの投資先がテクノロジー企業に偏っているだけではなく、更に2017年10月11日にアリババ達摩院を設立し、3年間1000億を投資し最先端テクノロジー研究を行う計画を立てていて、その中でのAI技術が比較的に大きな割合を占めている。

中国3大インターネット企業BATが積極的にAI分野での布石を敷いていることは、AI業界が大きな発展潜在力を持っていることを示している。

現在、技術が成熟し続けているのに伴い、AI分野がもう一つの投資ブームを迎えようとしている。北京清華大学が公表した「中国人口知能発展レポート2018」によると、2017年におけるワールドワイドでの年間人口知能資金調達規模が395億ドルで、1208件の資金調達ケースにのぼり、その内中国における資金調達総額が277.1億ドルで、369の案件である。グローバル規模の70%と31%をそれぞれ占めている。

しかし、投資が過熱してはいるが、依然としてAI技術の方向性が不透明で、成熟したビジネスモデルを形成できていない。これでは投資が過熱したAIプロジェクトはお金をドブに捨てるような遊びだと思われる。億欧智庫(Yiou Intelligence)が発表した「2018年中国人口知能ビジネスの着地に関する研究レポート」によると、中国AI企業は多くの資金調達ができているが、その90%が失敗している。今年は倒産ラッシュを迎える可能性がある。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録