グーグル、正面にはEUによる巨額制裁金問題、背後ではアマゾンがスマートホームで戦いを挑む

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

ビジネス

グーグル、正面にはEUによる巨額制裁金問題、背後ではアマゾンがスマートホームで戦いを挑む

欧盟巨额罚款还没完,谷歌后院正遭遇亚马逊智能家居的挑战

亚马逊将在智能电视和智能音箱市场上正面迎战谷歌。

日前,针对谷歌安卓系统在市场上的不正当竞争行为,欧盟对其处以45亿欧元罚款。此举在一定程度上规范了手机市场的竞争。对此,有消息称,亚马逊可能会在安卓智能手机上与谷歌竞争。

但亚马逊并未有所动。据英国金融时报报道,尽管欧洲监管机构推动了对手机市场的更多竞争,但亚马逊还是放弃了与谷歌在智能手机领域的对抗,将战场转移到智能电视和扬声器等新设备上。

亚马逊曾推出过智能手机Fire Phone,但以失败告终。随后将继续推出第二代Fire Phone的计划也不了了之。加上目前智能手机市场日趋饱和,亚马逊未来是否会回归智能手机市场还未知。

在智能手机市场上折戟后,亚马逊随后推出的智能音箱Echo使其在智能家具市场上获得有利的竞争地位。

但谷歌也不甘示弱。2016年,谷歌发布Google Home,直接向亚马逊的Echo发出挑战。

全球智能音箱市场主要由亚马逊和谷歌占据。据Canalys统计,2017年亚马逊占到了79.6%,远超谷歌的19.3%。截至2018年5月,谷歌以36.2%的市场份额占据全球智能音箱市场的第一位,增速达到了48.3%,而亚马逊的市场份额下降到27.7%,增速8%,远远落后于谷歌。

不仅是智能音箱,智能电视也是两家公司争抢的市场。据IHS Markit统计,2018年,全球智能电视出货占比预计将达到70%,略微增长3.5%,达到2.23亿台。

在智能电视市场上,亚马逊有Fire TV,而谷歌则开发了Chromecast设备。亚马逊通常使用自己的硬件来开拓新市场,而谷歌则以Android、Google Home为支撑。

对于亚马逊和谷歌的竞争,业内似乎更看好亚马逊。在智能音箱上,Creative Strategies分析师Milanesi认为,用户无法在语音设备上迅速获取一组搜索结果,从而降低了谷歌的主要竞争优势。在智能电视上,一名智能电视公司高管称,亚马逊的Fire TV比谷歌Android有更大的威胁。

在智能音箱和智能电视市场上,亚马逊和谷歌谁将更胜一筹,目前犹未可知。但市场的多元化竞争趋势确实是另一个值得关注的焦点。

2018年,全球智能音箱市场已经不再是亚马逊和谷歌两家相争的单一局面,随着中国的小米音箱和天猫音箱的加入,市场已逐渐变得多元化。据Canalys统计,截至2018年5月,天猫音箱和小米音箱分别以11.8%的份额和7%的份额位于全球智能音箱市场的第三和第四位。两家公司在智能音箱市场中的表现未来可期。

智能音箱市场上有中国的小米、天猫等新的竞争对手相继入局;在智能电视市场上,三星等也是不容忽视的重要角色。新入局者能否打破巨头垄断?

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

アマゾンはスマートテレビとスマートピーカー市場でグーグルを真っ向から迎え撃つ。

先日、グーグルのアンドロイドシステムによる市場での不公正な競争行為に対し、EUは45億ユーロの制裁金を科した。この事により携帯電話市場の競争がある程度標準化された。これについて、アマゾンがアンドロイドスマートフォンにおいてグーグルと争うことになるだろうとする見方もある。

しかしアマゾンには未だ動きはない。イギリスのフィナンシャルタイムズは、欧州監督機関は携帯電話市場におけるさらなる競争を促したが、アマゾンはスマートフォン分野でグーグルに対抗するのをやはり諦め、戦いの場をスマートテレビやスピーカー等新たな機器に移していると報じた。

アマゾンは以前ファイアーフォンというスマートフォンをリリースしたが失敗に終わり、その後、第2世代のファイアーフォンのリリース計画はうやむやになっている。加えて、現在スマートフォン市場は日に日に飽和してきており、アマゾンが将来スマートフォン市場に戻ってくるかどうかはまだ不明である。

アマゾンはスマートフォン市場で大失敗した後、引き続きリリースしたスマートスピーカーのEco(エコー)により、スマート家具市場における競争で優位に立った。

しかしグーグルも弱みを見せなかった。2016年にグーグルはスマートスピーカーのグーグルホームを発表し、アマゾンのエコーに真っ向から挑戦状を叩き付けた。

全世界のスマートスピーカー市場は主にアマゾンとグーグルで占められている。Canalysの統計によると、2017年にアマゾンのシェアは79.6%に達し、グーグルの19.3%を大きく上回っていた。2018年5月までの全世界のAIスピーカー市場におけるグーグルの市場シェア率は36.2%で第1位になり、成長率は48.3%に達している。一方、アマゾンの市場浸透率は27.7%にダウンし、成長率は8%で、グーグルに大きく後れを取った。

スマートスピーカーだけでなく、スマートテレビも両企業が市場の奪い合いをしている。IHS Markitの統計によると、2018年、全世界におけるスマートテレビの出荷比率は70%に達し、成長はわずかに3.5%、台数は2.23億台に達すると予想される。

スマートテレビ市場では、アマゾンにはFire TVがあり、グーグルはChromecastを開発している。アマゾンは通常、自らのハードウェアデバイスを用いて新市場を開拓するが、グーグルはアンドロイドやグーグルホームが後押しをしている。

アマゾンとグーグルの競争は、業界ではアマゾンの方が優位になっていると見なされている。スマートスピーカーでは、Creative StrategiesのアナリストMilanesi氏は、ユーザーが音声認識デバイスでスピーディーに検索結果を取得できないので、競争におけるグーグルの優位性が失われていると考えている。スマートテレビでは、あるスマートテレビの経営幹部は、アマゾンのFire TVはグーグルのアンドロイドよりも大きな脅威であると話している。

スマートスピーカーとスマートテレビの市場において、アマゾンとグーグルのどちらが一歩先を行くのか、今のところまだわからない。ただ市場の多様化競争の傾向は確かに注目すべきもう一つの焦点である。

2018年、全世界のスマートスピーカー市場は最早アマゾンとグーグルの両者の争いという単一局面ではなくなっており、中国のシャオミスピーカーと天猫(Tmall)スピーカーが参入し、市場は徐々に多様化し始めている。Canalysの統計によると、2018年5月までの天猫スピーカーとシャオミスピーカーはそれぞれシェア率が11.8%と7%で、全世界のスマートスピーカー市場において第3位・第4位となっている。両企業のスマートスピーカー市場におけるパフォーマンスは将来有望である。

スマートスピーカー市場では中国のシャオミや天猫等新たなライバルが次々と加わり、スマートテレビ市場では、サムソン等も無視できない重要な役割を果たしている。新規参入者は大手による独占状態を打開できるだろうか?

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録