短信

中国AutoXの完全無人運転タクシー、深圳でパイロットプログラムをスタート

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

自動運転車両を開発するスタートアップ企業「AutoX」が、中国初の完全無人運転センターを深圳市坪山区に設置し、完全無人運転(レベル5)によるロボタクシーのパイロットプログラムを始動したと発表した。

同プログラムは一般人も利用できる。利用者は、AutoXのWeChatミニプログラム公式アカウントから事前予約を行うことで、ロボタクシーに乗車できる。スタッフは同乗せず、遠隔運転操作を行うような設備もないが、各車両には音声対話システムが搭載されており、リモートでカスタマーサービスを利用することができる。

なお、AutoXは「中国平安保険(Ping An Insurance)」と戦略的パートナーシップを締結しており、自動運転車両の全てに専用の保険がかけられている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録