Luckin Coffee コーヒー販売1,800万杯 次は軽食市場でスターバックスのお株を奪う

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

注目記事マーケティング

1,800万杯 のコーヒーを売り上げた「luckin coffee(瑞幸咖啡)」、次は軽食でスターバックスを追い上げか

最前线丨卖了1800万杯咖啡后,瑞幸要携补贴去轻食市场抢星巴克的饭碗

瑞幸要将补贴进行到底。不仅要让你喝到便宜的咖啡,还要给你提供便宜的轻食。

今日,瑞幸咖啡(luckin coffee)宣布进军轻食市场,即日起至年底全国所有门店所有轻食一律五折优惠,并宣布年底前将在全国建成门店2000家。在宣布该决策之前,瑞幸咖啡实际已经推出了各类轻食产品,包括麦芬、三明治、羊角面包等,价格均低于市面上的竞品。

最前线丨卖了1800万杯咖啡后,瑞幸要携补贴去轻食市场抢星巴克的饭碗

瑞幸咖啡凭借高性价比在咖啡领域占据一席之地,这个策略还延续给轻食产品

据了解,瑞幸咖啡将联手三家海内外顶级轻食供应商,这三家供应商分别是英国生鲜食品公司百卡弗、拥有80年历史的美国食品公司百麦和世界五百强中粮集团。它们同时也是星巴克等咖啡零售企业的轻食供应商,拥有成熟的供应链体系和良好的卫生标准。

“轻食”并不是一种特定的食物,而是任意食物的一种形态,通常和低脂、低热量、少糖少盐,富含高纤维和营养等概念联系在一起,起到为身体减轻负担的作用。轻食代表一种健康的生活方式,随着健康化的消费趋势在中高端消费人群中流行开来。公开资料显示,轻食市场目前的市场容量超过百亿,且尚未出现巨头,市场前景广阔。

轻食常常被视为咖啡业态的重要组成部分,能够丰富咖啡的产品形态。对于消费者而言,在买咖啡的时候,顺带购买一份轻食也逐渐成为一种习惯。在咖啡行业,沙拉、原麦面包等都被视为轻食,颇受年轻人喜爱。具体而言,轻食在星巴克和Costa的门店里已经成为标配,成为吸引客流的一大因素。

丰富产品形态是为了吸引客流。毕竟想要赚更多钱,只卖咖啡显然是不够的。因此,开辟轻食这一咖啡相关业态很有必要。而从瑞幸卖咖啡的最新成绩来看,做周边产品的时机已到。

发布会上,瑞幸咖啡公布了最新运营数据。据瑞幸咖啡郭谨一介绍,瑞幸咖啡自运营以来已完成门店布局809家,服务用户350余万,销售杯量1800余万。

在做轻食这件事上,瑞幸将依然遵照此前形成的大规模补贴策略。

在7月初宣布进行新一轮融资后,瑞幸咖啡创始人兼CEO钱治亚就曾表示,从成立至今,瑞幸咖啡已经投入超过10亿元人民币,其中大部分用于用户补贴。而融资后瑞幸咖啡还会继续投入补贴。目前看来,这种补贴还不仅针对咖啡业务,还包括最新进入的轻食市场。

在发布会上,郭谨一还对星巴克将提供外卖服务一事做出回应,他表示,面对竞争,瑞幸咖啡将为消费者提供更多选择,使得消费者从便利性、产品品质、性价比作出选择。

现在看来,进军轻食领域似乎是从开发新产品的角度来与星巴克进行新一轮的竞争。而瑞幸的优势无疑依然是更高的性价比。

一个隐忧是,虽然轻食行业市场广阔,但沙拉、面包等本身由于生产门槛相对低,易于标准化,难以建立护城河,进入该领域的创业者也难以形成自己的独特优势。如何在该领域建立护城河,这也是在补贴之后,瑞幸需要考虑的事情。

続きを読む
コメントを見る

中国の新興コーヒーチェーン「luckin coffee(瑞幸咖啡)」の事業テコ入れが徹底している。コーヒーだけではなく、軽食も積極的に提供していく予定だ。

2018年8月1日、luckin coffeeは軽食市場への参入を発表した。同日より全国各店の軽食類を一律半額にするとともに、年末までに店舗数を2,000店に拡大するという。この発表前よりすでに、luckin coffeeではさまざまな軽食を発売開始している。マフィン、サンドイッチ、クロワッサンなど、価格は市場の相場より低く設定した。

luckin coffeeは、国内外の食品企業大手三社と手を組んだ。イギリスの生鮮食品会社バッカボール、80年の歴史を持つアメリカの食品会社Bama、そして中国最大の食品企業COFCO(中糧集団有限公司)だ。同時に彼らはスターバックスに軽食を卸す食品サプライヤーでもあり、衛生基準をクリアしたうえで成熟したサプライチェーンを有している。

「軽食」とひと口に言っても特定の食品のみを指しているのではない。低脂肪、低カロリー、低糖分、低塩分、豊富な食物繊維や栄養素などの概念と結びつけ、身体への負担を軽減する食品の形態全体を指している。ヘルシー志向の強いハイクラスの消費者の間で、軽食は健康的なライフスタイルを体現するものとして流行しはじめている。公開資料によれば、中国における軽食の市場規模は100億元(約1,600億円)を超えるとされる一方、これをけん引するような大手企業は現れておらず、市場は前途洋洋だ。

軽食はつねにコーヒー業界の重要な構成部分とされ、豊富な商品展開が見込める要素だ。消費者にとって、コーヒーのついでに何か軽食を買うことは一種の習慣になり始めている。具体的にはサラダ、マフィンなどの軽食が若者に好まれており、スターバックスやコスタコーヒーなどではこれらが常備されることで、顧客を引きつける大きな要因になっている。

商品を多様化するのは顧客獲得のためだ。売上をあげるには、コーヒーを売るだけでは足りないため、軽食という関連商品の展開は必須だ。luckin coffeeの最新の売上状況をみると、今が軽食分野に乗り込むよい時期と考えられる。

luckin coffeeの副総裁・郭謹一(グオ・ジンイー)氏が発表した同社最新の運営データによれば、luckin coffeeはすでに全国で809店舗を展開しており、これまでに350万人あまりへ1,800万杯以上のコーヒーを提供してきた。

さらに、軽食の分野においてはこれまでと同様の大規模な資金投入を踏襲している。

7月初めに新規融資調達を発表した後、luckin coffee創始者兼CEOの銭治亜(リエン・ジーヤー)氏は、同社を設立してから現在まで10億人民元(約160億円)以上の資金を投入したこと、今回の資金調達後も引き続き、事業のテコ入れにコストを投入する予定だと発言した。このテコ入れとはコーヒーに特化したものではなく、軽食市場参入に向けた戦略も含んでいる。

また、副総裁の郭謹一氏は「スターバックスがケータリングサービスを開始する」とのニュースについて、次のように述べた。「競争に際してluckin coffeeは消費者へ多くの選択肢を提供し、利便性や商品の品質、コストパフォーマンスで差別化を図る」。

同社の軽食分野への進軍は、新商品開発という戦場においてスターバックスとさらなる一線を交えるかのようだ。luckin coffeeは間違いなく、コストパフォーマンスの面では優勢だろう。

ひとつ気がかりなのは、軽食業界の開拓余地は広大だが、サラダやパンなどの商品は生産の敷居が低く定番化しやすいかわりに、外堀を固める事は困難だ。つまり、この分野への参入で難しいのは、独自の優位性を形成することである。どのように外堀を固めるのか、これはluckin coffeeの今後の課題となるだろう。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手