8月4日最新ニュース

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

今日のニュース

8月4日最新ニュース

9点1氪 | 阿里、苏宁近70亿入股华泰证券;苹果收盘价再创新高;乐视网未能兑付私募债券

大公司

阿里和苏宁花近70亿元入股华泰证券

8月3日晚,华泰证券发布公告称,公司发行10.89亿股A股普通股,募集资金总额约为142.08亿元,发行价格不低于13.05元/股。公告显示,阿里巴巴、苏宁易购、安信证券等6家企业参与了此次认购。其中,阿里出资约35亿元,苏宁易购出资约34亿元。发行完成后,阿里巴巴将成为华泰证券第6大股东,持股比例达3.25%;苏宁易购为第7大股东,持股比例约为3.16%。(全天候科技)

苹果收盘价再创历史新高

36氪讯,继周四突破万亿美元市值后,苹果周五盘中高点、收盘价双创新高。盘中高点达208.74美元,收盘价报207.99美元,上涨0.29%,创历史收盘新高,市值达10045.76亿美元。

乐视网:15乐视01余额到期不能按时兑付,构成违约

36氪讯,乐视网晚间公告称,“15乐视01”应于2018年8月3日兑付本息,受公司经营、资金链紧张影响,未能如期兑付债券本息。 该券是乐视网发行的3年期私募债,发行规模10亿,附第2年末票面利率上调选择权和投资者回售选择权,目前余额7300万元。乐视网称,截止到8月底即将到期的金融机构借款类债务预计约18.43亿元,约占公司负债总额的9%以上。

9点1氪 | 阿里、苏宁近70亿入股华泰证券;苹果收盘价再创新高;乐视网未能兑付私募债券

华尔街预期苹果股价还有更大上涨空间

据路透社北京时间8月4日报道,当地时间星期五常规交易中,苹果股价继续上涨,只是上涨幅度不大,不过华尔街预计苹果股票还有更大上涨空间。星期五常规交易中,苹果股价上涨0.6美元,涨幅为0.29%,报收于207.99美元。投资公司Synovus Trust投资组合经理丹尼尔·摩根(Daniel Morgan)表示,星期五苹果股价小幅上涨只是横盘整理,并不是增长势头停止的信号。(凤凰科技)

库克首谈苹果市值破万亿美元:继续专注自己的工作

周四苹果公司市值突破1万亿美元后,CEO库克向12.3万名员工发信祝贺,但要求不能分心。库克称,这一成就令人自豪,却并非衡量公司成功的最重要指标。周五盘初股价微跌,市值暂时跌落万亿关口,收盘再创新高,市值重回巅峰。(华尔街见闻)

北美7月车型销量榜:特斯拉Model 3同比增长44900%进入TOP10

据统计,在7月份北美地区的汽车销量榜中,特斯拉Model 3冲入TOP 10,数量约1.35万辆。在同比增减幅度方面,Model 3由于产能改善,增幅达到了44900%,因为去年同期,特斯拉仅卖出30辆Model 3。(快科技)

杨元庆:过几年联想印度业务将发展到60亿美元规模

据外媒报道,联想集团董事长兼CEO杨元庆称,在PC、手机和数据中心等的驱动下,该公司在印度的业务未来几年内将会发展到50亿到60亿美元的规模。杨元庆表示,“我们对PC和平板电脑业务是非常满意的,智能手机业务有很大的改善空间。我们在智能手机方面犯过一些错误。因此,我们重新设计了智能手机。我们将会回到印度智能手机市场上来。”(腾讯)

华为余承东:我并不关心出货量和市场份额

华为消费者业务部门负责人余承东表示,他甚至不太在意诸如市场份额和出货量等吸引眼球的数据,他说,“如果你想增加市场份额,只需要卖出更多的手机,而这意味着要卖出更多的低端手机。”他称这是“其他品牌的做法”。余承东表示,“如果我们推出低端手机来销售,我们的市场份额已经是第一了。但这并非是我们追求的。”(TechWeb)

谷歌在新加坡推出求职搜索功能

谷歌在新加坡推出新型求职搜索功能,使新加坡的求职者更方便从热门招聘网站、在线分类广告和公司直招中找到就业机会,这也是谷歌在东南亚第一次推出求职搜索功能。新功能覆盖1500多个网站的数十万条信息,目前新功能既适用于 PC 端和移动端上的谷歌搜索,也兼容于安卓系统和iOS 系统上的应用。(e27)

9点1氪 | 阿里、苏宁近70亿入股华泰证券;苹果收盘价再创新高;乐视网未能兑付私募债券

投融资

7月国内一级市场人工智能融资10强:旷视科技、车音网、小马智行前三

中国金融信息网与烯牛数据今日联合发布2018年7月份国内一级市场人工智能融资10强榜单,依次为旷视科技、车音网、小马智行、依图科技、科大智能、云知声、天智航、深之蓝、物灵科技和虹识技术。(证券时报)

红杉、小米700万美元投资印度社交娱乐公司 Samosa Labs

据The Economic Times报道,Samosa Labs 完成新一轮700万美元融资,本轮融资由小米和红杉资本领投。Samosa Labs是一个聊天娱乐平台,最初是托管用户自己生成的音频和gif,并允许用户在Facebook和WhatsApp等其他社交媒体平台上共享,目前也已成为一些品牌和工作室借助平台推动自身流量和数字营销的一种方式。

力翰科学获数千万A轮融资

力翰科学创始人吴志荣透露,力翰科学目前已完成数千万A轮融资,估值2亿人民币,投资方为中以智教。此轮融资后,力翰科学将着力在完善其科学课程的升级和框架夯实,扩充课程研发和教学团队,以及将研发自用的信息管理系统,将所有业务线在线化标准化管理。(芥末堆)

叫我修吧获千万级A轮融资

叫我修吧近日宣布已完成千万级A轮融资,投资方为产业链战略级投资。本轮融资将用于继续发力与各大厂商的战略合作,加大对技术员运营的投入,并划出专项资金用于帮助合作厂商培养用户忠诚度,提高复购率。叫我修吧是一家为用户提供维修服务的O2O平台,基于LBS地理位置,采用共享经济的“平台+个人”模式提供上门维修服务,产品目前聚焦于办公设备(OA)及电脑网络产品(IT)的安装与维修。(投资界)

ahaschool完成A轮融资

ahaschool已完成A轮融资,投资方为真格基金、晨兴资本和天图投资。ahaschool是一所由三位爸爸创建的第二课堂,提供孩子个性化学习和成长的视频精品课,包括十万少年漫游世界十大博物馆系列、十万少年漫游世界十大名校系列、魔方教学、宇宙知识科普等,致力于帮助用户掌握多样化的文化知识。ahaschool已推出PC端和手机端APP。(投资界)

健康力获8500万元战略投资,盈科资本参投

国内第三方医疗器械服务商健康力科技宣布完成8500万元战略投资,盈科资本参投。健康力科技是一家独立的医疗设备服务商,其核心技术是基于MED—PRO物联网技术实施远程监控医疗设备,并对设备生命周期进行检测、保养与维修,公司为全国各地区的医院提供MR、CT、X-Ray、US四大系列的设备安装、检测、保修、维修和相应的配套增值服务。(投资界)

酷产品

传苹果今年推两款 LCD iPhone,双卡版专供中国大陆市场

根据富士康员工爆料,苹果今年可能推出两款不同型号的 LCD 版 iPhone,其中一款极有可能就是外传的「双卡双待」新机,该款产品被视为专攻中国市场的定制机,也代表苹果对大陆市场吹起反攻号角。(MacX)

9点1氪 | 阿里、苏宁近70亿入股华泰证券;苹果收盘价再创新高;乐视网未能兑付私募债券

图片来源:MacX

三星Galaxy Note9包装盒现身:S Pen、续航是亮点

Slashleaks今天曝光了一款三星Note 9 128G版的包装,显示了其规格和参数。从包装提供的信息来看,三星Note 9将采用6.4英寸QHD + sAMOLED显示屏,后置为双1200万像素摄像头,其中一颗光圈为F1.5/2.4,另一颗为F/2.4,支持960fps慢动作视频拍摄,前置则是800万像素摄像头。之前传闻的4000mAh容量电池得到了证实,支持IP68防尘和防水,以及虹膜扫描仪。该机的亮点在于S Pen,包装中说明S Pen将配备蓝牙功能,这与之前所说的相符,那么S Pen应该会支持蓝牙拍照、音乐播放等功能。(快科技)

区块链

阿里云发布企业级BaaS服务,可一键部署区块链环境

36氪讯,阿里云今日宣布推出企业级区块链服务(Blockchain as a Service),支持一键快速部署区块链环境,实现跨企业、跨区域的区块链应用。阿里云BaaS广泛适用于商品溯源、供应链金融、数据资产交易、数字内容版权保护等领域。

高盛预计比特币价格继续下跌:炒币是下半年市场不安定因素之一

据外媒报道,高盛对加密货币近期走势并不乐观。在年中经济报告中,高盛投资管理集团将“炒币”列为2018年下半年造成市场不稳定的六大因素之一。高盛私人财务管理集团首席投资官沙尔明·莫萨瓦-拉马尼(Sharmin Mosaavar-Rahmani)在周五的报告中表示:“我们认为,这些加密货币不具备货币的三大传统角色,因此预计未来将进一步下跌。”(腾讯科技)

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

大企業


阿里(アリ)と蘇寧(スニン) 華泰証券に約70億元を投じ株主に

華泰証券は8月3日の夕方、10億8900万株の普通株式を発行し、総額142億800万元を調達し、発行価格は13.05元/株以上であると発表した。この発表によると、阿里巴巴(アリババ)、蘇寧易購(Suning.com)、安信証券を含む6社が今回の購入に参加した。その中で、阿里は約35億元、蘇寧易購は約34億元を出資した。発行完了後、阿里巴巴は華泰証券の第6位の株主になり、持株比率3.25%、蘇寧易購は第7位、持株比率約3.16%である。 (全天候科技)


アップル 終値再び過去最高を更新

アップルの日中の高値と終値は、木曜日の時価総額1兆ドル突破に引き続き、金曜日にも過去最高値を更新したと、36Krが報じた。日中の高値は208.74ドルに達し、終値は207.99ドルで0.29%上昇、過去最高を記録し、時価総額は1兆45億7600万ドルに達した。


楽視網(LeTV.com):15 LeTV 01残高支払不履行で違約

36Krによると、楽視網は夕方に「15 LeTV 01」を2018年8月3日に元利を支払い、会社経営と資金循環の緊迫状態により、債券の元利を期日どおりに償還できなかった。これは同社が発行する3年間の私的債務で、発行規模は10億、2年目になるとクーポン・レートが引き上げられ、投資家は売却オプションを選択したため、現在の残高は7300万元である。 同社は、8月末までの満期予定の金融機関借入金残高は約18.43億元で、総負債額の9%以上を占めるとしている。


ウォールストリート アップル株価がさらなる上昇を予想

ロイター通信によると、北京時間8月4日、金曜日の通常取引において、上昇率はそれほど高くなかったものの、アップルの株価は引き続き上昇したが、ウォールストリートはアップル株式にさらなる成長余地があると予想している。金曜日の通常取引では、同社の株価は0.6ドル(上昇率0.29%)高の207.99ドルで取引を終えた。投資会社シノバス・トラストのポートフォリオ・マネジャー、ダニエル・モルガン氏は、金曜日のわずかな上昇は、成長の勢いが止まったという兆候ではなく、横ばいのシグナルだと述べた。(鳳凰科技)


クック アップル時価総額が1兆ドル到達に言及:自社の仕事に尽力し続ける

アップルの時価総額が木曜日に1兆ドルを超えた後、CEOクックは12万3,000人の従業員に祝福のメールを送ったが、気を抜かないよう求めた。また同氏は、この成果は誇りに思っているが、会社の成功度合を測るのに最も重要な指標ではないと述べた。株価は金曜日にわずかに下落し、時価総額は一時的に1兆まで下落し、終値は最高値を更新、ピーク値に再び戻った。(ウォールストリートニュース)


北米車7月販売モデルリスト:テスラモデル3は前年比44900%増でトップ10入り

統計によると、7月度の北米車販売リストにおいて、テスラのモデル3がトップ10入りを果たした(約1万3,500台)。前年同期と比較して、増加率44,900%で、わずが30台しか販売していなかった。(快科技)


楊元慶:聯想(レノボ)のインド事業 数年後に60億米ドル規模に発展させる

聯想集団会長兼CEOの楊元慶氏は、外国メディアの報道によると、パソコン、携帯電話、データセンターを中心に、今後数年間にインドでの事業を50億~60億ドルに拡大すると語った。 同氏は、「パソコンとタブレット事業に非常に満足している。スマートフォン事業は改善の余地が非常に大きい。失敗もたくさんしたため、再設計した。インドのスマートフォン市場に戻る予定だ。」(騰訊)


華威(ファーウェイ)余承東(リチャード・ユー)氏:出荷と市場シェアについては関心がない

華威の消費者ビジネスユニットの責任者余承東氏は、市場シェアや出荷などの注目されるデータには関心がないと述べ、「市場シェアを拡大したい場合は、もっと多くの携帯電話を販売する必要があり、ローエンドの携帯電話をさらに販売するということだ」とコメントした。彼はこれを「他ブランドの実践」と呼ぶ。また同氏は「ローエンドの携帯電話を販売すると、市場シェアはすでに第1位であるが、これは我々が追求していることではない」とも述べた。(TechWeb)


グーグル シンガポールで求人検索機能をリリース

グーグルはシンガポールで新型求人検索機能を導入し、シンガポールの求職者が人気のある求人サイト、オンライン広告、会社が直接出している求人からの求人情報を簡単に見つけることができるようになった。これは東南アジアで初のリリースとなる。また1,500以上のウェブサイト上の数十万件の情報をカバーし、パソコンとモバイル、さらにはAndroidとiOSでのグーグル検索の両方に対応できるようになった。(e27)

投資と資金調達


7月の国内主要市場における人工知能資金調達トップ10:昿視科技、車音網、小馬智行がベスト3に

中国金融信息網と烯牛データは今日共同で2018年7月度の国内主要市場における人工知能資金調達においてトップ10を発表し、昿視科技、車音網、小馬智行、依図科技、科大智能、雲知声、天智航、深之藍、物霊科技、虹識技術がランクインした。(証券時報)


セコイア(紅杉)と小米(シャオミ) 印ソーシャルエンターテイメント会社Samosa Labsに700万ドル投資

ザ・エコノミック・タイムズによると、Samosa Labsは小米と紅杉がリード投資する新たな700万ドルの資金調達を完了した。同社はチャットエンターテイメントプラットフォームで、ユーザーが作成したオーディオやGIFのFacebookやWhatsAppなどのソーシャルメディアプラットフォームでの共有から始まり、現在ではプラットフォームを使用してトラフィックやデジタルを駆動してマーケティングするブランドやスタジオにもなった。


力翰科学 数千万のAラウンド資金調達

力翰科学の創設者である呉志栄氏は、2億元の評価で数千万のAラウンド資金調達を完了し、投資家が中以智教であることを明らかにした。同社はこの後、科学カリキュラムの改善と枠組みの改善、カリキュラムの開発と教授チームの拡充、自社の情報管理システムの開発に注力し、全ビジネスラインのオンライン標準化に焦点を当てる。(芥末堆)


叫我修吧 一千万クラスのAラウンド資金調達

叫我修吧は最近、一千万クラスのAラウンド資金調達を完了したと発表した。投資家は産業錬戦略級投資である。本資金調達は、主要メーカーとの継続的な戦略的提携、技術者のオペレーションへの投資増加、協力メーカーのユーザーロイヤルティの育成、買戻し率向上支援のために使用される。LBS地理位置に基づいて、経済を享受した「プラットフォーム+個人」モードでの家の修理サービスを提供し、現在オフィス機器(OA)とコンピュータネットワーク製品(IT)の設置とメンテナンスに重点を置いている。(投資界)


Ahaschool Aラウンド資金調達

AhaschoolはAラウンドの資金調達を完了し、投資家は真格基金、晨興資本、天図投資である。同社は3人の父親によって作られた2番目の教室で、子供たちに個性的に学び成長できる動画授業を提供しており、10万人の少年のための世界十大博物館シリーズ、10万人の少年のための世界十大有名校シリーズ、ルービックキューブ教育、 宇宙知識科学など、ユーザーがさまざまな文化的知識を習得する助けとなっている。すでにパソコン端末とモバイル端末のアプリも立ち上げた。(投資界)

健康力 8,500万元の戦略的投資獲得 盈科資本が投資

国内の第三者医療機器サービス商社である健康力科技は、戦略的投資額8,500万元を完了し、盈科資本が投資したと発表した。同社は独立した医療機器サービス商社であり、MED-PRO IoT技術を基盤とした医療機器の遠隔監視、機器のライフサイクルテスト、メンテナンス、修理を中心技術とし、全地域の病院にMR、CT、X線、USの四大設備の設置、試験、保証、保守、対応する付加価値サービスを提供している。(投資界)

人気製品


アップル LCD用iPhone 2モデルを今年発売 デュアルカード版は中国本土市場専用

富士康(フォックスコン)の従業員によると、アップルは今年LCD版iPhoneを2モデル発売する可能性があり、そのうち1種は外部向けの「デュアルスタンバイ」ニューモデルとなる可能性が高く、中国市場に特化したカスタムマシンと見なされ、アップルを代表して本土市場に反撃のホーンを鳴らす。(MacX)


画像引用元:MacX


三星(サムスン)ギャラクシーノート9パッケージボックスが登場:Sペン、バッテリー寿命が目玉

スラッシュリークスは本日、サムスンノート9(128Gバージョン)のパッケージを公開し、仕様とパラメータを示した。それによると、サムスンノート9は、6.4インチQHD + sAMOLEDディスプレイ、背面には12メガピクセルデュアルカメラが搭載、絞りがF1.5 / 2.4とF / 2.4で切り替えられ、960fpsスローモーションビデオ撮影のサポート、フロントには8メガピクセルのカメラが搭載されている。以前に噂された4000mAhのバッテリー容量は実証され、IP68防塵防水、アイリススキャナをサポートしている。本モデルの目玉はSペンであり、パッケージには、Bluetooth機能が搭載されていることが示されており、以前の説明と同様で、Bluetoothカメラ、音楽再生などの機能は必ずサポートしているはずだ。(快科技)

ブロックチェーン


アリババクラウド エンタープライズクラスBaaSサービスをリリース ワンクリックでブロックチェーン環境を展開可能

アリババクラウドは今日、エンタープライズクラスのブロックチェーンサービスの立ち上げを発表すると、36Krが報じた。これはワンクリックでブロックチェーン環境を素早く展開し、企業や地域間でブロックチェーンアプリケーションを実現するというものだ。アリババクラウドBaaSは、商品トレーサビリティ、サプライチェーンファイナンス、データ資産取引、デジタルコンテンツの著作権保護などの分野で広く使用される。

ゴールドマン・サックス ビットコイン価格の継続下落を予想:炒幣(chaobi.com)下半期における市場の不安定要因の一つ

外国メディアの報道によると、ゴールドマン・サックスは最近の仮想通貨の傾向に対して楽観的ではない。中期経済報告では、同社インベストメント・マネジメント・グループは、を2018年後半に市場の不安定化を引き起こす6つの要素の1つとして「炒幣」を挙げた。同社プライベート・ファイナンス・マネジメント・グループのチーフ・インベストメント・オフィサーであるSharmin Mosaavar-Rahmani氏は、金曜日の報告の中で、「これら仮想通貨は通貨の3大伝統的役割を持たない、そのため、将来的にはさらに低下すると予想されると我々は考えている」(騰訊科技)

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録