「pidan彼誕」がBラウンドで6000万元の資金調達、“ネコノミクス”でペット用品市場へ

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

ビジネス

「pidan彼誕」がBラウンドで6000万元の資金調達、“ネコノミクス”でペット用品市場へ

pidan彼诞」获 6000 万元人民币 B 轮融资,从“猫经济”切入全品类的宠物用品生意

36氪获悉,宠物用品品牌 「pidan彼诞」近日完成了成为资本领投、清流资本和昆仲资本跟投的 6000 万人民币 B 轮融资。团队在去年 9 月曾获得清流资本和昆仲资本合投的 A 轮融资

“pidan彼诞”的创始人马文飞告诉 36氪,在通过猫用品树立了品牌形象之后,品类拓展一直是 pidan 在 A 轮之后在做的事情,与此同时,团队也在持续拓展海外市场,这两方面也是团队本轮融资后的重点。

36氪首发 | 「pidan彼诞」获 6000 万元人民币 B 轮融资,从“猫经济”切入全品类的宠物用品生意

全品类首先体现在 SKU 的拓展上。

今年 4 月,团队推出了自己的第一款狗用品,主打功能性和场景差异化来满足养狗人群的具体需求,虽然没有透露具体的数据,但马文飞告诉36氪,新品的平均月销量高于团队预估水平。团队计划在本月再推出一系列狗用品,并计划在今年年末补齐两栖类、鱼类等用品的产品线。

在新品开发逻辑上,除了从实用性出发外,团队也会结合当下的市场热点进行品类创新,例如宠物零食、猫砂等细分品类的销售处于上升期,背靠供应链优势和前期积累的产品开发经验,团队会在这些领域进行新品开发。

另外比较重要一点的是品牌升级,本月初,pidan 正式升级为 “pidan彼诞”,除了名称外,更重要的变化在于,为了配合全品类的定位,pidan彼诞去除了 VI 上的猫的图形,同时针对不同的使用场景和销售渠道来优化效果。

36氪首发 | 「pidan彼诞」获 6000 万元人民币 B 轮融资,从“猫经济”切入全品类的宠物用品生意

「pidan彼诞」品牌新 VI 形象

和所有线上起家的新消费品牌一样,在线上完成早期积累后,pidan彼诞也开始全渠道建设。

据介绍,目前团队在国内市场已经合作了 35 家代理商、超过2000 家宠物门店。通常情况下,线上品牌布局线下的一个难点在于能否有足够的利润空间给到渠道,而从线上到线下渠道,成本结构的变化又会对具体产品线的开发产生影响,对于这一点,马文飞告诉 36氪,只有当产品力足够强、品牌强势于渠道时才有可能规避这一问题。

“产品力”是一个比较大的概念范畴,马文飞以宠物消费更成熟的海外市场对 pidan 产品的反馈举例。在没有进行市场投入的情况下,pidan彼诞现阶段在日亚渠道的单月销量在 50 万元人民币,此外,团队也已近签约了日本本地 3 家代理商,涵盖了线上和线下。

36氪首发 | 「pidan彼诞」获 6000 万元人民币 B 轮融资,从“猫经济”切入全品类的宠物用品生意

消费品创业是一个长周期的事情,如果说“雪屋”作为爆品让市场对 pidan彼诞有了基本认知,那对于团队来说,更大的挑战其实在于如何在更长的时间段内来保持品牌的势能。

马文飞提到,从雪屋到猫用品,都只是 pidan 在宠物用品领域的一个切入口,对于团队来说,前期最重要的意义在于积累了供应链资源和产品开发能力

此外,在 36氪对 pidan彼诞的 A 轮融资专访中,我们提到,pidan 也将建设自己的线下门店。对于线下店的进展,马文飞告诉 36氪,在产品线和 SKU 比较丰富的前提下,今年下半年会开设第一家门店,和传统宠物门店不同的是,pidan彼诞定位于商圈零售型门店,并不提供如美容洗护、寄养等这类服务项目,基于“美好宠物生活”这一个主题,pidan彼诞也会强化自己的渠道品牌形象。

对于在欧美、日韩等海外市场扩张的具体规划,除了发展线上、线下渠道外,还包括了建立本地运营团队、为当地市场开设专门的产品线等。

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

ペット用品ブランドの「pidan彼誕」は清流資本と昆仲資本のリード投資により6000万人民元のBラウンド資金調達を完了した。グループは去年9月にも清流資本と混仲資本の共同投資によるAラウンドでの資金を調達している。

「pidan彼誕」の創始者・馬文飛(マー・ウェンフェイ)氏は、ネコ用品を通してブランドイメージを確立し、Aラウンド資金調達後は、製品カテゴリ拡大を行ってきた、同時に海外市場の開拓も続けており、この両方面が本資金調達の焦点だと語った。

全製品はSKUの発展上にある。
今年4月に彼らは初となるイヌ用品を打ち出した、インパクトの有る機能と使用シーンの差別化で飼い主たちの具体的なニーズを満たした。具体的なデータを示していながい、馬文飛氏は、新商品の月平均売上は予想額より高かったと話した。彼らは今月にも再びイヌ用品のシリーズを打ち出す予定で、更に今年末には両生類や魚類などのシリーズも充実させる予定だ。
新製品開発では実用性以外に、現在の市場ニーズと組み合わせて新製品開発に取り組んでいる。例えばペットフード、猫砂などのサブカテゴリの売上は上昇傾向にあり、サプライチェーンの強みと前期で蓄積した製品開発の経験を背景に、新製品開発を進めている。
さらに重要なのはブランド力だ。今月始め、正式に「pidan彼誕」となり、名称以外にも重要な変更点として、ロゴから猫アイコンを取り除き、異なる使用シーンや販売チャネルで使い分けした。

他の新設ブランドと同じように、まずはオンラインで経験を蓄積し、pidan彼誕もまた全チャネル設立を始めている。

紹介によれば、彼らは国内外のマーケットで35の代理店、2000店を超えるペット専門店と契約しており、オフライン上で広がったブランドのオフラインにおける難点は十分な利潤スペースをチャネルに供給できるか、そしてオンラインからオフラインチャネルへのコストの変化が新ライン開発に影響を及ぼす事だ。この点では、馬文飛氏は製品力、ブランド力があれば、この問題を回避する事ができるだろうと36Krに語った。

「製品力」は比較的大きな概念で、馬文飛はペット産業が成熟している海外市場のpidanへのフィードバックを例にあげた。市場投入前の現段階でpidanのアジアチャネルの月次売上高は50万人民元で、他にも彼らは近く日本の3つの代理店と契約し、オンラインとオフラインの両方をカバーする。

製品開発は長期的なものだ、例えば”スノーハウス(かまくら型ネコ用トイレ)”は人気商品となり市場にpidan彼誕の基本的な知名度を与えた。彼らによれば、いかに長期的にブランドのポテンシャルを保つのかが今後の課題だ。
馬文飛氏は、雪屋からネコ用品まで、全てpidanがペット市場に参入する入口であり、前期の重要な意義はサプライチェーンのリソース提供と製品開発力の蓄積にあると話した。
他にも、36Krの独占インタビューでのpidanが自社で実店店舗を設立する可能性に関して、馬文飛氏は製品とSKUが比較的豊富である事を前提に、今年後半、第一店舗を設立する、従来のペット専門店と異なるのは、pidanは小売り専門で、トリミングやケアサービスは行わない、「ペットと美しい生活を」をメインテーマに、pidanは自身のブランドイメージを強めていく予定だ。
ヨーロッパやアメリカ、日本、韓国などの海外市場開拓の具体的な計画については、オンライン、オフラインのチャネル以外に、ローカルの運営グループを作り、地元市場で専門の製品ラインを設立する事を考えている。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手