中国携帯市場、国産トップ三社中国市場シェアはそれぞれ20%を超える

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

マーケティング

中国携帯市場、国産トップ三社で中国市場シェアはそれぞれ20%を超える

中国手机市场国产品牌越发强大,首次有三家中国厂商市场份额破20%

中国手机市场在逐渐回暖,而中国厂商在本地的统治力也变得更加强大。

市场研究机构Canalys发布了中国智能手机第二季度出货量报告。报告显示,经历了一季度的低谷之后,中国手机市场在逐渐回暖。中国智能手机出货量第二季度达到了1亿台以上,较第一季度的9100万台有所增加。不过,相较于去年二季度,还是有8%的下跌。

在中国市场,中国的四大手机厂商中的三家都获取了不同程度的增长,包括华为、OV。其中,华为在中国的市场份额达到了27%,同比增长22%,这是自2011年二季度以来中国智能手机厂商创造的最大份额。

Canalys分析师表示,荣耀占华为2018年第二季度出货量的55%,高于一年前的33%。荣耀凭借最新的旗舰机已成功打入500美元以上的高端市场,同时其在中低端市场继续与小米等对手展开竞争。

而OV的份额也都达到了20%以上,其中,OPPO增长了3%,vivo则获得了高达30%的增长,它与OPPO之间的差距正在缩小。

这也是在中国手机市场,首次有三家中国智能机厂商市场份额达到20%以上。

最前线 | 中国手机市场国产品牌越发强大,首次有三家中国厂商市场份额破20%

中国市场二季度各大手机厂商市场份额

最前线 | 中国手机市场国产品牌越发强大,首次有三家中国厂商市场份额破20%

右侧为中国市场一季度各大手机厂商市场份额

跟以上三家相比,上个季度增速迅猛的小米本季度则有些落寞,这个季度增速为0。不过,在去年二季度,小米实现了出货量同比增长25%的成绩,提供了一个较大的对比基数。

小米第二季度在中国的市场份额为14%,无论相比去年同期(13%),还是今年较一季度(13%),市场份额均有小幅增长。

二季度,小米在国内市场上的增长不及竞品,在印度市场的排名也被三星反超了。在连续三个季度占据榜首之后,小米另据市场调研公司 Counterpoint 数据,小米在印度的市场份额为28%,得益于Galaxy J6、J2(2018)和J4在低端机市场的畅销,三星在第二季度拿下29%的份额,微弱优势重获第一。

不过,小米在印度市场的销售成绩依然很好。小米今年二季度印度出货量超过1000万台,创造了其在印度智能机市场的记录。28%的市场份额相比于去年同期(16%),也有大幅的提高。印度也是四大中国厂商激烈竞争的另一个战场。小米和三星共同牢牢占据着这个市场的第一梯队,跟OV、华为、苹果等厂商拉开了较大差距。

整体来看,前五大手机厂商占据了出货量的90%,一年前则是73%,留给二三线厂商的机会越来越小。其中,中国厂商在本地的统治力则越发强大,四大手机厂商(华为、小米、OV)共计占据了82%的市场份额。

除了苹果之外,其他外国厂商在中国本土也越来越难以攫取市场,曾经长期占据中国市场头把交椅的三星在中国的份额已经微乎其微。

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

中国携帯電話市場は徐々に回復を見せているが、中国工場メーカーの国内の支配力もさらに強くなっていっている。

市場調査会社のCanalysは、中国のスマートフォン第2四半期の出荷台数レポートを発表した。レポートによると、第1四半期の小さな落ち込みを経た後、中国の携帯電話市場は徐々に回復を見せている。中国のスマートフォンの出荷台数は第2四半期には1億台以上に到達し、第1四半期の9100万台に比べて少しの増加を見せている。しかし、昨年の第2四半期と比較すると、8%の減少ではある。

中国市場において、​Huawei(ファーウェイ)、OV(OPPO(オッポ)とVivo(ビボ)、以下OV)を含む中国の四大携帯メーカーの三社は全て同程度の成長を遂げており、そのうちHuaweiは中国市場の27%を占め、成長率は22%アップしており、これは2011年の第2四半期以降、中国のスマートフォンメーカーが成し遂げた最大のシェアとなっている。

Canalysのアナリストによれば、荣耀は​Huaweiの2018年度出荷数の55%を占め、一年前より33%の成長を見せている。荣耀は、すでに最新のフラッグシップモデルを500ドル以上としてハイエンド端末市場にも参入する事に成功し、同時にミドル・ローエンド市場でも継続してシャオミ等と競争を繰り広げている。

またOVのシェアも20%以上にのぼり、そのうちOPPOが3%の成長、vivoは30%の成長を見せ、OPPOとの差は現在縮小中である。

これは中国の携帯電話市場の事であり、トップ三社の中国スマートフォンメーカーの市場シェアは各社20%以上となった。


​中国市場第2四半期の各大手携帯電話メーカーのマーケットシェア


右側が中国市場第1四半期の各大手携帯電話メーカーのマーケットシェア

以上の三社と比較すると、上期に著しい増加の勢いを見せたシャオミはこの四半期は若干の下落となり、今季の成長速度はゼロだった。しかし昨年の第2四半期で、シャオミは出荷量の25%増加を実現させており、比較的大きな成長を見せた。

第2四半期の中国市場におけるシャオミのマーケットシェアは14%で、昨年の同期(13%)と比べても、今年の第1四半期(13%)との比較でも、マーケットシェアは小幅に増加をしている。

第2四半期は、シャオミが国内市場では競合に及ばず、インド市場のランキングでもサムスンに破られた。三期連続して首位を占めた後、マーケティング調査会社のCounterpointのデータによると、シャオミはインド市場のマーケットシェアが28%となり、Galaxy J6、J2(2018)またJ4の低価格機種マーケットのセールスにおいて、サムスンは第2四半期に29%のシェアを獲得し、わずかながらに優勢となり、再度一位を獲得している。

ただし、シャオミはインド市場におけるセールスの成績は依然良好である。シャオミは今年第2四半期にインドでの出荷量が1000万台を超え、インドでのスマートフォン市場の記録を作った。28%のマーケットシェアは昨年の同期(16%)と比較しても。大幅な増加を見せている。インドでも、四大中国メーカーが熾烈な競争を繰り広げている。シャオミとサムスンを足すとマーケットでは堂々と筆頭グループに入っており、OV・Huawei・Appleなどのメーカーとは大きく差をつけている。

全体的見ると、前五大携帯電話メーカーが占める90%の出荷量のうち、一年前がたった73%で、二三流のメーカーの機会がどんどんと小さくなっている。その中で、中国メーカーが本土での統治力をより発展させ強めている中、四大携帯電話メーカー(Huawei、シャオミ、OV)の総合シェアはマーケットの82%を占めている。

Appleを除いて、外国メーカーは中国市場ではシェアを獲得するのがより難しくなっており、かつてのトップであったサムスンの中国のマーケットシェアはすでにしぼんでいる。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手