EV電池最大手CATL、2年連続で韓国ヒュンダイにバッテリー供給へ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

EV電池最大手CATL、2年連続で韓国ヒュンダイにバッテリー供給へ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

韓国のヒュンダイ(現代)自動車グループが、電気自動車(EV)専用プラットフォーム「E-GMP」の第3次サプライヤーとして、EV電池世界最大手の「寧徳時代(CATL)」と韓国のEV電池メーカー「SKイノベーション」を選定したと、韓国聯合ニュースが報じた。第3次で発注された3モデルのうち、CATLが2モデルに、SKイノベーションが1モデルにそれぞれバッテリーを供給する。

CATLは、昨年のE-GMP第2次サプライヤー選定の際も、韓国「LGエネルギーソリューション(LG Energy Solution=旧LG化学のバッテリー事業)」と共に受注しており、今回で2度目の駆動用バッテリー供給となる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録