新世代マッチングアプリ「Soul」が米国IPOを計画か 評価額は約1090億円超の見込み

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

新世代マッチングアプリ「Soul」が米国IPOを計画か 評価額は約1090億円超の見込み

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

価値観が同じユーザーとの出会いを売りにしているマッチングアプリ「Soul」が米国でのIPO(新規株式公開)を計画しており、約2億ドル(約218億円)を調達し、評価額は10億ドル(約1090億円)を上回る見込みだと報じられた。

今回のIPOの財務アドバイザーには「中金公司(CICC)」、モルガン・スタンレー、ジェフェリーズ・グループ、バンク・オブ・アメリカが名を連ねている。Soulは既に日本、韓国、北米市場でも利用できるとのこと。

IPOの可否についてSoulは「まだ確定していない」とコメントしている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録