シャオミ、韓国でミドルレンジスマホ展開か 撤退報道のLGからシェアを奪う

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

シャオミ、韓国でミドルレンジスマホ展開か 撤退報道のLGからシェアを奪う

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国証券市場専門メディア「財聯社(CAILIANPRESS)」によると、3月23日、スマートフォン大手のシャオミ(小米科技)が韓国で新たにミドルレンジのスマートフォンをリリースすると発表したという。先日、韓国のLG電子(LG Electronics)がスマートフォン事業から撤退すると報じられており、これを機にシャオミは市場シェアの拡大を狙うものとみられる​​。評論家も、シャオミは今年LGからシェアを奪うために韓国市場での取り組みを強化していく可能性があると述べている。

市場調査会社「Counterpoint Research」のデータによれば、LG電子は2020年、韓国のスマートフォン市場で13%のシェアを獲得し、第3位となっている。なお、1位は本国企業のサムスン電子でシェア65%、2位は米アップルで20%。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録