楽揺揺、 シリーズBで2億元を調達 ポータルにクレーンゲーム機利用

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

楽揺揺、 シリーズBで2億元を調達 ポータルにクレーンゲーム機利用

获 2 亿元 B 轮系列融资,「乐摇摇」要从娃娃机出发做线下无人设备流量入口

36氪获悉,线下自助类设备智能平台“乐摇摇”已完成亿级 B+ 轮融资,由德同资本领投,前海梧桐跟投。乐摇摇还于 2017 年 7 月获得成为资本的 B 轮融资。截至目前,乐摇摇获得的融资总额累计超过 3 亿人民币,此前的资方还包括蜜芽、广发信德等。

乐摇摇成立于 2015 年 9 月,以给线下娃娃机提供硬件+ SaaS 的移动支付方案起家,目前已累计接入 30 万台线下娃娃机,覆盖 600 个城市,占据 70% 的市场份额,单日支付峰值超过 200 万笔,单月支付流水超过 3 亿人民币。

传统的线下自助设备多为投币式,消费者体验不佳、运营商的经营也很粗放,而移动支付能很好改变这一点。此外,还可以把设备作为线下的流量入口,构建广告分发的平台。再加上娃娃机本身存量很大,提供移动支付+SaaS 的服务型平台也就迅速起量。

乐摇摇的模式可以简单概括如下:与娃娃机制造工厂合作,给运营商提供包括移动支付、后台管理、远程控制等功能在内的软硬件解决方案。乐摇摇创始人陈耿豪告诉36氪,目前以及未来的很长一段时间内,乐摇摇都不计划在硬件上盈利,变现则主要来源于用户运营、广告变现、IP 供应链、线上娃娃机等业务。

获 2 亿元 B 轮系列融资,「乐摇摇」要从娃娃机出发做线下无人设备流量入口

对于乐摇摇的线上娃娃机一站式解决方案,36氪此前有做过报道;广告是流量变现的常见路径,例如公众号涨粉、互动营销等等;IP 方面,乐摇摇与包括小猪佩奇、蒙奇奇、粉红豹在内的多个网红 IP 合作,提供种类更丰富的娃娃。陈耿豪表示,乐摇摇希望为运营商增收降本,共同获得盈利,预计今年的营收会超过两亿元。

娃娃机是去年延续到今年的一个风口,有数据称,目前全国娃娃机数量已经超过 200 万台,五年复合增长率超过 10%。陈耿豪认为,娃娃机市场仍远未饱和,对标台湾,两千多万的人口却拥有 50 万台娃娃机,国内的增长空间仍然很大,但现在已经从快速成长期进入到精细化运营的阶段。

除了娃娃机,乐摇摇接下来也会丰富设备品类,希望能构建一个千万级设备智能平台。拓展的设备主要分为两类:一是游艺类,比如摇摇车、弹珠机、扭蛋机以及一些游艺厅设备;二是生活服务类,比如按摩椅、洗衣机、充电桩等等。乐摇摇想用类似的商业模式拓展到更多设备上,但针对每一细分品类,会根据业态来决定具体的合作模式和推广方案。

谈及投资逻辑,德同资本合伙人陆宏宇表示,乐摇摇以移动支付切入,对线下娱乐设备进行互联网化和物联网化改造,未来会成为千万级休闲娱乐设备的入口。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

AI翻訳で続きを読む
コメントを見る

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

36Krは、実店舗セルフサービス型設備スマートプラットフォームの楽揺揺(leyaoyao.com)が、B+ラウンドで億クラスの調達を完了したとの情報をキャッチした。リード投資家は徳同キャピタル(DT Capital Partners)で、前海梧桐(QIANHAI WUTONG M&A FUND Co,.Ltd)も投資している。今までに、楽揺揺が調達した総額は、累計で3億人民元(約48億円)を超えた。以前の投資方には、蜜芽(mia.com)、広発信徳投資管理有限会社(GF XINDE INVESTMENT)も入っている。

楽揺揺の創業は2015年9月、実店舗へのクレーンゲーム設備提供とSaaSのモバイル決済プログラムで起業した。現在、累計30万台の実店舗クレーンゲームと接続しており、カバーした都市は600に上る。市場シェアで70%を占め、単日決済のピーク値は200万件を超え、単月決済収支は3億人民元(約48億円)を超えている。

実店舗での従来のセルフサービス機器の多くは、コインを入れる方式であり、客の評判も悪く、事業者の経営も大雑把だった。モバイル決済はここを改善できる。さらに、ゲーム機をオフラインでのトラフィックポータルにして、広告配信用のプラットフォームを構築することもできる。クレーンゲーム自体の量の多さと相まって、モバイル決済+ SaaSを提供するサービスプラットフォームは急速に増加した。

楽揺揺モデルをわかりやすく要約すると、クレーンゲーム製造工場と協力して、事業者にモバイル決済、総合管理システム、リモートコントロールなどのソフトウェアとハ​​ードウェアを含むソリューションを提供する、ということだ。楽揺揺の創業者 陳耿豪氏は、36Krにこう語る。現在及び長期未来において、楽揺揺はハードウェアで稼ごうとはしていない。主に収益を上げるのは、ユーザー運営、公告収入、IPサプライチェーン、オンライン・クレーンゲームなどの業務である。

オンラインによるクレーンゲーム・ワンストップサービスという楽揺揺のソリューションについて、36Krは以前にも報道したことがある。公式アカウントのフォロワーアップ、インタラクティブ・マーケティングなどのように、広告はトラフィックを現金化するのによく用いられる手法である。IP方面では、楽揺揺はペッパピッグ、モンチッチ、ピンク・パンサーを含む多くの有名IPと提携、種類豊富なぬいぐるみを提供する。楽揺揺が、収益アップ&コスト削減で、事業者とwin-winで利益を得ることを望んでいる、と陳耿豪氏は語る。今年の売上高は2億元(約32億元)を超える見通しだ。

クレーンゲームは去年に引き続き、今年の最前線だ。現在、全国のクレーンゲームは優に200万台を超え、5年間の年平均成長率(CAGR)は10%を超えた、と示しているデータもある。「クレーンゲーム市場はまだ飽和にはほど遠い。人口2,000万人以上の台湾には、50万台のクレーンゲームがあることからすると、中国国内にはまだまだ成長の余地がたくさんある。しかし、今はもう、快速成長期から精密化運営の段階に入っている」と、陳耿豪氏は考えている。

楽揺揺は、クレーンゲーム以外の設備の種類も豊富にして、大規模設備のインテリジェンス・プラットフォームを構築したいと思っている。開発設備は大きく分けて2種類。1つは遊戯と娯楽の類。例えば、電動ライド、パチンコ、ガチャガチャなどのゲームセンター設備。2つ目は生活サービスの類。例えばマッサージチェア、洗濯機、EV充電スタンドなど。楽揺揺は、類似のビジネスモデルをより多くの設備に広げていくと思うが、それぞれ小分けした分種類ごとに、業態に基づいて、具体的な提携モデルやプロモーションプランを決めることは可能だ。

投資ロジックに目を向けると、徳同キャピタルのパートナー陸宏宇氏は次のように語っている。楽揺揺はモバイル決済を切り口に、実店舗の娯楽設備に対してインターネット化とIoT化改造を進め、将来は巨大なアミューズメント設備のポータルになるだろう。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録