欧州初、OPPOがドイツで5Gスタンドアロン商用ネットワークを構築 クアルコムなどと提携

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

欧州初、OPPOがドイツで5Gスタンドアロン商用ネットワークを構築 クアルコムなどと提携

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国スマートフォン大手のOPPOは、英国のボーダフォン(Vodafone)、米国のクアルコム(Qualcomm)、スウェーデンのエリクソン(Ericsson)と提携し、ドイツ初となる5Gスタンドアロン(SA:4G/LTEの既存基地局に頼らない独立した5G専用通信システム)の商用ネットワークを構築した。これは欧州初の商用5G SAネットワークであり、これによりOPPOの欧州5G市場開拓は加速することだろう。

OPPOは、メキシコの「アメリカ・モービル(América Móvil)」、フランスの「Orange」、ドイツの「ドイツテレコム(Deutsche Telekom)」など、多くの国際的な移動通信会社と提携関係を築いていると報じられている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録