印スマホ市場、21年1Q出荷台数11%増 シャオミがシェア28%で引き続きリード

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新興国短信

印スマホ市場、21年1Q出荷台数11%増 シャオミがシェア28%で引き続きリード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

市場調査会社「Canalys」が発表したレポートによると、2021年第1四半期のインド市場におけるスマートフォンの出荷台数は前年同期比で11%増加し、3710万台になったという。スマートフォンはZ世代(1990年代中盤以降に生まれた世代)のリモート学習やミレニアル世代(1980年代序盤から1990年代中盤までに生まれた世代)の仕事やレジャーにとってますます重要になっているからだ。

中国大手スマートフォンメーカーのシャオミ(小米)は、出荷台数1050万台、シェア28%でインド市場を引き続きリードしている。 Canalysは、新型コロナウイルスの第2波により、同市場でのスマートフォンの出荷台数は第2四半期に急落すると予測している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録