中国チップ市場は40~50%の成長維持ーーイノベーション経済レポート

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国チップ市場は40~50%の成長維持ーーイノベーション経済レポート

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の投資機関「華興資本(China Renaissance)」が「中国イノベーション経済レポート2021(中国創新経済報告2021)」を初発表した。同報告書は経済安全保障、パンデミック、ジェネレーションZ(Z世代)、人工知能、遺伝子工学の5分野における発展動向に言及している。

報告書によると、中国のチップ市規模は40~50%の成長率を維持しており、2024年には785億元(約1兆3500億円)に達する。5Gによる経済効果は2030年には16兆9000億元(約291兆円)となる。今後10年でADAS(高度運転支援システム)は自動車の標準装備になり、長期的には膨大な事業価値を生み出す。2025年にはADASおよびL2(部分運転自動化)の普及率はそれぞれ70%および28%以上になるという。

また、ジェネレーションZの総消費支出は2035年に16兆元(約275兆円)と見積もられるといった点も取り上げられている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録