ファーウェイ、独自OS「HarmonyOS」を全面的にオープンソース化

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ファーウェイ、独自OS「HarmonyOS」を全面的にオープンソース化

続きを読む

ファーウェイ(華為技術)は、同社の独自OS「HarmonyOS(鴻蒙OS)」の基本機能を、中国初のオープンソース財団「OpenAtom Foundation(開放原子開源基金会)」に全面的に寄贈したことを明らかにした。

ファーウェイのコンシューマービジネスグループソフトウェア部門の総裁である王成録氏は以下のように述べている。

「あらゆるメーカーは平等にOpenAtom Foundationからコードを入手でき、エコシステム企業はそれぞれの事業に応じた製品を作ることができる。ファーウェイも同財団からコードを取得した上で特性を追加し製品を作っている。HarmonyOSを採用し、HarmonyOSのエコシステムに加盟するかどうかは、企業それぞれのビジネス選択による。」

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録