2020年の世界半導体市場6.8%増、トップは依然中国

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

2020年の世界半導体市場6.8%増、トップは依然中国

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

統計資料によると、2020年、世界の半導体市場規模は前年比6.8%増の4400億ドル(約48兆2000億円)に達し、メモリや専用チップに代表される半導体製品は景気循環に入り始めたという。現在の地域ごとの割合を見ると、中国が34.4%、米国が21.7%、欧州が8.5%、日本が8.3%で、中国はここ何年も連続で世界最大の半導体消費市場になっている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録