新華社短信

新興EVの小鵬汽車、6月の納車台数6565台 前年同月の7.2倍に

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

【新華社北京7月3日】中国の新興電気自動車(EV)メーカー、小鵬汽車は1日、6月の納車台数が6565台で、前月(5686台)より15%増え、前年同月比7.2倍になったと発表した。単月、四半期、半年のいずれもが過去最多を更新した。

第2四半期(4~6月)の納車台数は1万7398台で、第1四半期決算で想定していた1万5500~1万6千台を上回った。上半期の納車台数は3万738台と昨年通年の実績を上回り、前年同期の5.6倍となった。

車種別では、セダン「P7」の納車台数が6月に4730台となり、単一車種の単月納車台数記録を再び更新した。前月比では25%増え、累計では3万台を突破した。同社は年内に新型車の発売も予定しており、そのうち自動車メーカーの海馬汽車がOEM生産するスポーツ用多目的車(SUV)「G3」のフルモデルチェンジモデル「G3i」を7月に正式に発表し、9月から納車を開始するとしている。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録