インド最大の自動車EC「Droom」が日本企業から3000万ドル資金調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

投資注目記事

インド最大の自動車EC「Droom」が日本企業から3000万ドル資金調達

印度在线汽车交易平台「Droom」完成E轮融资,累计融资金额达1.25亿美元

外媒消息,印度在线汽车交易平台 Droom 近日已完成3000万美元(22亿卢比)E轮融资,投资方为日本 ZIGExN 创始人 Joe Hirao 旗下的家族投资公司。

今年5月,Droom 刚刚完成3000万美元D轮融资,由日本公司 Toyota Tsusho Corporation 和 Digital Garage 领投。截至目前,Droom 已经在六轮融资中筹集了近 1.25 亿美元,其主要投资者还包括 Lightbox、Beenext、Beenos、Integrated Assets Management 等。

Droom 成立于2014年11月,从二手车在线交易起步,现在交易品类也包括新车。其创始人 Sandeep Aggarwal 是连续创业者,此前曾创立了印度第一家电商 Shopclues。Droom 开发了一套ECO车辆认证评估系统,能通过车辆的历史交易记录、图片等文件把汽车分为10个等级,同时为用户提供车辆检查的服务以及相关报告。

印度在线汽车交易平台「Droom」完成E轮融资,累计融资金额达1.25亿美元

droom 官网

根据公开信息,目前 Droom 的业务已经覆盖了印度的100多个城市,每月有近300万名访客,在线汽车交易市场份额高达75%。公司声称,平台总收入达近7.5亿美元,净收入为2000万美元,并计划于2020年冲刺IPO。

创始人兼首席执行官 Sandeep Aggarwal 表示,本轮融资资金将用于海外市场的拓展,以及提供更多样化的服务,通过C2C和C2B的模式使交易更加顺畅。此外,公司会加强新兴技术的投入,包括人工智能、物联网、区块链等,进一步完善ECO系统和车辆交易信贷服务。

Droom 的竞争对手包括 OLX, CarTrade 、CarDekho、Zoomo、Cars24 等。其中,Cars24 在今年7月完成了来自 Sequoia Capital India 的5000万美元融资,而 Sequoia 同时也是 CarDekho 的投资方。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

インドのオンライン自動車流通プラットフォーム「Droom(ドゥルーム)」を運営するDroom Technologyがこのほど、シリーズEラウンドで3000万ドル(約34億円)をじげん創業者、平尾丈氏関連の投資会社から調達したと、海外メディアが報じた。

Droomは5月、Dラウンドで豊田通商やデジタルガレージなどから3000万ドルを調達したばかり。これまで、6回のラウンドで約1億2500万ドルを調達している。

Droomは2014年11月設立。中古車のオンライン取引から事業をスタートし、現在は新車も取り扱う。創業者のSandeep AggarwalCEOは連続起業家で、以前はインド初のECサイトShopcluesを立ち上げた。Droomは過去の取引記録や写真などを通じて取引する自動車を10ランクに分類する認証評価システムを開発。ユーザーに、車両検査サービスなども提供している。

Droomサイト

現在、インドの100都市以上で事業展開し、オンライン自動車取引市場の75%のシェアを獲得している。Droomによると売上高は約7億5000万ドル、純利益は約2000万ドルで、2020年の株式新規公開(IPO)を目指している。

Sandeep AggarwalCEOは「調達した資金は海外市場の開拓と、サービスの多様化に投じる」とコメントした。

DroomのライバルであるCARS4は7月にセコイアキャピタルインドから5000万ドルを調達。セコイアはインド同業のCarDekhoにも出資している。
(翻訳・浦上早苗)

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録