中国富豪ランキング、ジャック・マーがトップに返り咲き。資産額4兆円超

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

その他注目記事

中国富豪ランキング、ジャック・マーがトップに返り咲き。資産額4兆円超

2018年胡润百富榜出炉:马云时隔四年登顶,马化腾财富缩水100亿

中国富豪榜前三甲没有悬念,只是顺序稍有差异。

10月10日,《2018年胡润百富榜》发布,马云以2700亿身价再次问鼎中国首富,而上次登顶还要回到四年前,许家印以2500亿身价位居第二,马化腾以2400亿位居第三。

2018年胡润百富榜出炉:马云时隔四年登顶,马化腾财富缩水100亿

来源:《胡润百富榜》

胡润表示:“‘二马’和许家印成为中国三大企业家,与第四名相差一千亿。”马云、马化腾、许家印三位企业家一直霸居中国富豪榜前三甲没有悬念,只是中国首富究竟花落谁家仍有看点。

去年以2900亿身价位居第一的许家印,今年财富缩水400亿。翻看恒大财报可以发现,恒大在今年的业绩不错,2018上半年恒大销售额超过3000亿,同比增长25%,现金流达1565亿元,净利润达530亿元,远超其它房企,成为今年上半年最赚钱的房企。然而,虽然财务数据不错,股市却并不买账。受楼市调控加码以及流动性紧缩的影响,恒大股价今年暴跌,带来市值严重缩水,也因此影响了许家印的卫冕。除此之外,恒大集团在今年6月份时还以56亿元入股贾跃亭的FF,现在更是麻烦不断。

马云时隔四年再次成为中国首富。作为马云手中的两张王牌,阿里巴巴2018年第一财季营收809.2亿元人民币,同比增长61%,业绩显著。而另一张王牌蚂蚁金服,2018财年税前利润为91.8亿元人民币,同比增长65%。虽然蚂蚁金服在今年的估值飙升,为马云贡献了不少财富。但是仍存在不少隐忧,经过对比发现,蚂蚁金服在2017年利润的增长率为86%,2018年增长率显著下降。除此之外,蚂蚁金服在2018年第一财季的亏损达7.2亿元人民币,这在近几个财年都很少见。虽然马云打的一手好牌,成功问鼎中国首富宝座,不过戏剧性的是马云此前宣布将在明年辞去董事局主席的职位,并放弃阿里VIE架构的所有权,马云对此表示“急流勇退”。

马化腾以2400亿元的身价位居中国富豪榜第三,相比去年,马化腾的财富缩水100亿,这是马化腾登顶胡润富豪榜以来出现的首次财富缩水。昨日港股收盘,腾讯报收293.8港元,跌幅1.74%。距离过去一年的最高点473.72港元,腾讯跌幅已达37.98%,公司市值约为3571亿美元,腾讯跌出全球十大科技公司。昨日腾讯控股发布公告称,耗资3890万港元回购131000股股票,此为腾讯连续第21个交易日回购。腾讯股价的暴跌与其游戏业务发展不利有很大关系,国家对游戏版号的限制致使腾讯游戏业务变现困难。根据腾讯第二季度财报显示,腾讯的手游和端游双双环比下滑。同时,腾讯股价也应声下跌。虽然前不久腾讯刚宣布调整公司组织架构,但股价暴跌之势也并没有好转。

虽然腾讯流年不利,但是腾讯投资带来的成果颇丰。微信里跑出估值330亿美元的拼多多成功将其创始人黄峥送上了富豪榜, 黄峥以950 亿的身价位居第13名。腾讯参与投资的美团也于今年成功登陆港股上市,其创始人王兴也以390 亿的身价位居富豪榜58名。

続きを読む

シンクタンクの胡潤研究院は10日、中国富豪ランキング「2018年胡潤百富榜」を発表した。トップはアリババの馬雲(ジャック・マー)会長で、資産額は2700億元(約4兆4000億円)だった。2位は恒大集団の許家印董事長(資産額2500億元)、3位は騰訊(テンセント)の馬化騰CEO(2400億元)。

胡潤研究院を運営する英国人会計士ルパート・フーゲワーフ氏は「2人の馬と許家印が中国三大企業家の地位を確立している。4位とは資産額で1000億元の差がある」とコメントした。

昨年、資産額2900億元でトップに立った許家印氏は、資産額を400億元減らした。恒大の業績は堅調で、今年前半の売上高は前年同期比25%増の3000億元、純利益は530億元を上回り、不動産業界トップだった。ただし株式市場の低迷を受け、恒大の株価は下落が続いており、許家印氏自身の資産縮小を招いた。恒大はEVメーカーのファラデー・フューチャーともトラブルを抱えており、心配事は尽きない。

ジャック・マー氏は4年ぶりにトップに返り咲いた。アリババの業績が好調だったほか、アリババの金融事業を担うアント・フィナンシャル(螞蟻金服)の評価額の上昇が貢献した。マー氏は来年の会長引退を発表している。

馬化騰氏の資産額は、1年前から100億元減少。同氏が富豪ランキングで首位を獲得して以来、初めての資産減となった。テンセントはゲーム事業の不振で株価が低迷しており、時価総額が世界のテック企業トップ10から脱落した。

このほか、微信(We Chat)を活用し急成長する新興ECの拼多多(Pinduoduo)創業者の黄峥氏が資産額950億元で、初のランキング入り(13位)。テンセントが出資し、今年香港で上場した美団点評(Meituan-Dianping)の王興氏が資産額390億元で58位だった。
(翻訳・浦上早苗)

メールアドレスを登録して中国最新情報入手