がん遺伝子検査「和瑞基因」が100億円超を調達 ユニコーン企業入

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

がん遺伝子検査「和瑞基因」が100億円超を調達 ユニコーン企業入

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

がん全般の遺伝子検査を行う「福建和瑞基因科技(Berry Oncology)」(以下「和瑞基因」)が、シリーズB1で約7億元(約119億円)を調達した。リード・インベスターは「招商局資本(China Merchants Capital)」、コ・インベスターは既存株主の「啓明創投(Qiming Venture Partners)と「君聯資本(Legend Capital)」。

2017年に設立された和瑞基因は、中国の主要ファンドからこれまに約20億元(約340億円)を調達してきた。がんの早期発見におけるユニコーン企業として、同社はがんの高リスク集団とがん患者のための遺伝子検査サービスシステムを提供している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録