AI学習支援システムの有道精品課:K12ユーザー数が6倍に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

I学習支援システムの有道精品課:K12ユーザー数が6倍に

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

有道精品課は、「オンライン・クラス(在線課堂)、オンライン・ラーニングメート(在線伴友)、筆記練習」という3つの場面をカバーする「達爾文」知的学習支援システム(ITS)を発表した。AIを介して教師と学生との間の「教授、学習、練習、試験、評価」の効率を向上させるという。網易有道(NetEase Youdao)CEOの周楓氏は、有道精品課の2018年の申込人数は2000万人に、サービスユーザーは500万人超に達し、その内K12(幼稚園児から高校生)事業のユーザーは6倍に、K12の営業収入は4倍に増加したと述べている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録