新興国短信

新興市場の「ロレアル」を目指す、中国発コスメ「フーカルーア」が数十億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国コスメ界のファストファッションブランド「フーカルーア(FOCALLURE=菲鹿児)」がシリーズAで数千万ドル(数十億円)を調達した。出資者は「五源資本(5Y Capital)」と「XVC」。資金は、主にサプライチェーン・プラットフォームの構築、自社工場の建設、マーケティングなどに充てられる。

2016年に設立されたフーカルーアは現在、東南アジア、ロシア、バングラデシュなどの越境ECで売り上げナンバーワンのコスメブランドとなっている。設立から5年を経て、中国のコスメ界において唯一、大規模かつフレキシブルなサプライチェーンを構築したブランドとなった。

フーカルーアはデータを活用したブランド展開が売り。製品開発、マーケティング、チャネルなどの製品ライフサイクル全体を通してデータ・ドリブンを導入し、各市場に合わせたブランド戦略を構築することで、新興市場の「ロレアル」を目指す。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録