ペット用スマートデバイス「CATLINK」が初の資金調達 世界40以上の国・地域で展開

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ペット用スマートデバイス「CATLINK」が初の資金調達 世界40以上の国・地域で展開

続きを読む

ペット向けのスマートホーム用品ブランド「CATLINK」を展開する「聯寵智能科技」が初めての資金調達を実施した。出資者はペット医療大手「新瑞鵬寵物医療集団(New Ruipeng Pet Healthcare Group)」。

同社は2017年に設立され、2019年8月にスマートペット製品シリーズを発売。現在は主に猫用スマートトイレ、自動給水器・給餌器、スマートカメラなどを展開し、ペットの飼育における全シーンをカバーする。

CATLINKは今後もスマートペット製品市場に注力していくという。現在、中国以外でも41の国・地域に新出しており、全世界に20万人以上のユーザーを抱えている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録