米スリープテック「Vesta」がシリーズAで数億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

米スリープテック「Vesta」がシリーズAで数億円を調達

続きを読む

米スリープテックブランド「Vesta Sleep」が今年の中ごろ、シリーズAで数千万元(数億円)を調達した。リード・インベスターは「セコイア・キャピタル・チャイナ・シードファンド(紅杉中国種子基金)」、コ・インベスターは「天図資本(Tiantu Capital)」。

Vestaは谷振宇(Gee Gu)氏と徐凱強(Andy Xu)氏が2020年初頭に共同で設立したブランドで、北京、深圳、米シリコンバレーにオフィスを構える。世界中のユーザーに向け、快適で環境に優しい、新しいタイプのスリープテック製品の開発に注力している。

創業者のひとりである谷氏は、海外市場をビジネス展開の糸口に選んだ理由として、「欧米の消費者は睡眠への投資意欲が高く、購買力も中国の3~5倍、リピート率も2~3倍」といった点を挙げている。

革新的な睡眠体験を提供、スリープテックの「Vesta」が1億6000万円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録