EVメーカー「零跑汽車」:シリーズAで約400億円の調達を計画

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

EVメーカー「零跑汽車」:シリーズAで約400億円の調達を計画

続きを読む

EV(電気自動車)メーカーの「零跑汽車(Leap Motor)」は、シリーズAで25億元(約400億円)の資金調達を計画、既に20億元(約320億円)を調達した。、「上海電気(Shanghai Electric)」及び「中車股権」が共同でリード・インベスターとなり、「歌菲資本」、「興業証券(Industrial Securities)」及び既存株主の「紅杉資本(セコイア・キャピタル)」がコ・インベスターを務める。資金調達後の同社の評価額は80億元(約1300億円)を上回り、「ユニコーン企業」の仲間入りを果たすことになる。今回の資金調達では、セコイア・キャピタル以外の投資家にとって「零跑汽車」に対する初めての出資である。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手