加速する中国企業の海外進出、越境ECマーケティング「SparkX」 半年で2度の資金調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新興国短信

加速する中国企業の海外進出、越境ECマーケティング「SparkX」 半年で2度の資金調達

続きを読む

新世代越境ブランドマーケティングのマルチサービスプラットフォーム「SparkX(邑炎科技)」が、わずか半年の間にシリーズAとシリーズBの資金調達を行った。

2018年に設立されたSparkXは、アマゾン(Amazon)や独立系ECサイトに対し、ワンストップ型の統合デジタルマーケティング・ソリューションを提供する。現在では、家電メーカー「美的集団(Midea Group)」「ハイアール(Haier)」のほか、モバイル関連機器メーカー「Anker(アンカー)」、ドローンメーカー「DJI(大疆創新)」、OPPO傘下の「OnePlus(一加手機)」など、国際的なトップ企業を含む、さまざまな分野の1000社以上にサービスを提供している。 SparkXの支店やサービス拠点は、韓国、ベトナム、米国などに設置されている。

企業がグローバル化するにつれ、中国のB2C越境ECの市場規模は急速に拡大しており、ますます多くのブランドが海外進出のニーズを持つ。 Amazonの年次報告書および、EC専門の調査会社「Marketplace Pulse」などの調査によると、今後、越境ECブランドマーケティングの市場規模は、140億~300億ドル(約1兆5884億~3兆4032億円)になると見込まれている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録