中国EV電池材料の中偉新材料、韓「ソンイルハイテク」と電池再利用で提携

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社短信

中国EV電池材料の中偉新材料、韓「ソンイルハイテク」と電池再利用で提携

続きを読む

【新華社北京11月22日】中国の電気自動車(EV)向け電池材料メーカー、中偉新材料はこのほど、電子廃棄物の回収・製錬を手掛ける韓国のソンイルハイテク(SungEel HiTech)と戦略協力覚書を締結したと発表した。

双方は使用済み電池の再利用や湿式製錬、前駆体などの分野で協力関係を確立することで合意。欧州で使用済み電池の回収、分解、湿式製錬プロジェクトを展開する共同事業についても検討する。

ソンイルハイテクは使用済みリチウムイオン電池の再利用事業に力を入れており、使用済み電池の回収ネットワークは韓国国内のほかに中国やハンガリー、ポーランド、マレーシアにも広がる。リチウムイオン電池材料の処理能力は年間2万4千トン。韓国に構える湿式精錬工場の年間生産量を5万6千トンに拡大し、ニッケルやコバルト、マンガン、リチウムなど金属材料の再利用事業を強化する計画も掲げる。

中偉新材料はソンイルハイテクと共同で全世界に使用済み電池の回収ネットワークや湿式製錬法を用いた回収システムを構築していく方針を示している。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録