湖南省張家界に「メタバース研究センター」設立 観光業のデジタル化目指す

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社短信

湖南省張家界に「メタバース研究センター」設立 観光業のデジタル化目指す

続きを読む

【新華社長沙11月24日】中国の観光名所、湖南省張家界市武陵源区はこのほど、観光産業における「メタバース」(インターネット上の仮想空間)の応用を探求し、地元観光経済のデジタルトランスフォーメーション(DX)を促進するために、「張家界メタバース研究センター」を設立すると発表した。

今年7月、同区は観光高品質DX作業指導グループを発足、インターネットやビッグデータ、クラウドコンピューティング、人工知能(AI)、ブロックチェーンなどを利用して、観光サービスの向上と観光イノベーションの加速を図っている。

同センターの関係責任者は「新型コロナウイルス感染症の流行以来、観光を基幹産業とする張家界は試練に直面している」と指摘。コロナの影響で人々のインターネット利用時間が大幅に増え、ライブ配信や短編動画、オンラインツアーなど、デジタルツーリズムの形態が徐々に登場してきたと述べ、観光産業発展のためにメタバースの活用を徹底的に研究し、観光のDXを理論的、技術的に支えていくとの考えを示した。

同センターは今後、フォーラムの開催やオープンプラットフォームの開設などにより、優秀な人材と先進技術を導入し、観光の実体経済とデジタル製品、仮想空間経済の融合発展の促進に努めていくという。(記者/張格)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録