東南アジア最大級ユニコーン「Grab」 12月にも米ナスダック上場か

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

東南アジア最大級ユニコーン「Grab」 12月にも米ナスダック上場か

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

東南アジアでネット配車サービスなどを手掛けているユニコーン企業「Grab(グラブ)」は、早ければ12月にも米国で上場する予定だという。これに先立ち、SPAC(特別買収目的会社)との合併を完了させる必要があり、来週には合併案件の投票が行われるという。 合併するSPACは「Altimeter Growth Corp」で、米国時間11月30日に臨時株主総会を開催する。

両社の株主が合併に合意すれば、Grabは米ナスダックに上場できる見込みだという。 今回のIPOにより、Grabは40億ドル(約4550億円)のPIPE(上場企業の私募増資)を含む45億ドル(約5120億円)の資金を調達する予定だ。

東南アジア発のスーパーアプリ「Grab」 高評価でも上場の道のりは険しい

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録