テスラ株価、22年には30%上昇の予測 中国市場と米・独工場の稼働が支えに

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

テスラ株価、22年には30%上昇の予測 中国市場と米・独工場の稼働が支えに

続きを読む

米ウェドブッシュ証券のアナリスト、ダニエル・アイブス氏は、投資報告書において、米EVメーカーのテスラに関する次のような分析を明らかにした。

テスラは、2022年に向けてきわめて良好な状況にあると言えよう。中国市場における根強い需要に加えて、米国とドイツの新工場の操業開始など、さらなる成長を促す要因があるからだ。来年には部品不足が緩和されることで、中国市場の需要にも対応できるようになる。また米オースティン工場と独ベルリン工場の稼働により、グローバルな製造ボトルネックが解消されるだろう。これにより同社の株価は、今後12ヶ月間で30%近く上昇することが予想される。

アイブス氏は、テスラ株の評価をアウトパフォーム、目標株価を1400ドル(約16万円)とする見解を示し続けた。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録