テンセント、東南アジア最大のテック企業「シー」の株式比率を引き下げ 協力関係は維持

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新興国短信

テンセント、東南アジア最大のテック企業「シー」の株式比率を引き下げ 協力関係は維持

続きを読む

テンセント(騰訊)は、自社が保有する東南アジア最大のIT企業「シー(Sea Limited)」のクラスA普通株1449万2751株を売却し、シーに対する出資比率を21.3%から18.7%に引き下げると発表した。

さらにシーが行った、株式の議決権変更に関する提案も加わることで、テンセントがシーに対して有する議決権比率は10%未満にまで低下する見込みだ。

ただテンセントは、長期的にはシーの株式の過半数を維持する意向で、両社の協力関係も維持されるとのこと。

また、テンセントにはロックアップ期間が設けられ、今後6カ月間はシー株の売却が禁じられる。

テンセント、保有する京東株を株主に配当 筆頭株主外れるもパートナーシップ維持

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録