テンセント、保有する京東株を株主に配当 筆頭株主外れるもパートナーシップ維持

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

テンセント、保有する京東株を株主に配当 筆頭株主外れるもパートナーシップ維持

続きを読む

中国EC「京東集団(JD.com)」は公告を出し、現在京東の発行済株式17%を間接的に保有しているテンセント(騰訊控股)が、自社の株主に対し、京東のクラスA普通株約4億6000万株を分配することを発表した。

分配後、京東の発行済株式全体に占めるテンセントの保有比率は2.3%にまで低下し、筆頭株主の座から降りることとなった。それと同時に、テンセントのマーティン・ラウ(劉熾平)総裁が、京東の董事を辞任することも明らかにした。

テンセントは、今後も京東との戦略的パートナーシップを維持し、京東が長期的価値を実現できるよう支援するとし、京東の保有株をさらに削減する計画は無いと述べた。

 

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録