経営危機の恒大集団、深センの本社ビル退去発表。「経費節減」へ自己所有物件に移転

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事オリジナル記事

経営危機の恒大集団、深センの本社ビル退去発表。「経費節減」へ自己所有物件に移転

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

経営危機にある不動産大手の中国恒大集団は10日、本社を構えていた広東省深セン市のビルから昨年12月に退去し、市内の自己所有物件に移転したと発表した

同社は「経費節減のため」と説明している。この日、複数の中国メディアが「恒大が深セン市から広州市(広東省)に本社を移した」「深センのビルから恒大のロゴが撤去された」と報じていたが、恒大は「本社は引き続き深セン市にある」としている。

広州市で創業した恒大は2016年に不動産販売で業界首位に立ち、2017年に深センに本社を移した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録