児童教育の「海豚思維」:シリーズPre-Aで数億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

児童教育の「海豚思維」:シリーズPre-Aで数億円を調達

続きを読む

児童の数学思考力を鍛える教育プラットフォーム「一休数学思維(Yixiu Siwei)」が「海豚思維(Haitun Siwei)」に社名を変更し、シリーズPre-Aで数千万元(数億円)を調達した。出資者は「艾瑞資本(iResearch)」と「百度風投(Baidu ventures)」。資金は製品の研究開発とマーケティングに充てられる。同社は世界トップクラスのPBL(Problem Based Learning/課題解決型学習)とSTEAM(Science、Technology、Engineering、Arts、Mathematics)の教育理念を採用し、4~10歳の児童を対象とした数学思考力トレーニングに注力している。子供たちが自宅でいつでも学習できるように、少人数のオンラインクラスをライブ配信。、観察・分析、論理的推理、問題解決などの能力を高め、小学校入学後スムーズに小学校の学習に適応できるようサポートしている。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手