Pony.ai元幹部創業、自動運転トラック「Qingtian Truck」が資金調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

Pony.ai元幹部が創業、自動運転トラック「Qingtian Truck」が資金調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

自動運転トラックを手掛けるスタートアップの「擎天智卡(Qingtian Truck)」が、エンジェルラウンドで約1000万ドル(約11億円)を調達した。出資者は「五源資本(5Y Capital)」。

2021年11月に設立された擎天智卡は、自動運転トラックの技術開発と物流輸送に注力している。現在、社員は約20名で、皆、自動運転分野での豊富な実務経験を持つ。

創業者の潘震皓氏は、中国名門大学の清華大学で学士・修士号を取得した。卒業後は米グーグルで5年以上勤務し、17年、トヨタと自動運転技術の開発で協業する中国ユニコーン企業「小馬智行(Pony.ai)」に、12人目の社員として入社。20年に同社傘下の自動運転トラックブランド「小馬智卡(PonyTron)」のCTOに就任した。

共同創業者の孫又晗氏は清華大学を卒業、コロンビア大学で修士号を取得した。その後、マイクロソフトやフェイスブックなどを経て、19年に小馬智行に入社。米国で小馬智卡の企画および管理責任者を務めていた。

(36Kr Japan編集部)

中国Pony.ai、第6世代自動運転システムを発表 ロボタクシー目指すトヨタ車に搭載

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録