新薬開発サポートの「晶雲薬物」:シリーズBで16億円超を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

新薬開発サポートの「晶雲薬物」:シリーズBで16億円超を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

結晶多形研究で新薬開発をサポートする「晶雲薬物(Crystal Pharmatech)」が、シリーズBで1億元(約16億円)超を調達した。リード・インベスターは「拾玉資本(Shiyu Capital)」、コ・インベスターは「同創偉業(Cowin Capital)」と「元禾原点(Oriza Horizon)」。資金は、薬材の研究開発、国内外の新薬メーカーやジェネリックメーカーに向けた研究開発サポートに充てられる。同社は製薬企業と共同で設立され、薬剤となる化合物の結晶分野を研究している。臨床開発のリスクを低減させ、研究開発期間を短縮させるべく、クライアントに対してCMC(Chemistry・Manufacturing・Control)サービスを提供している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録