新薬開発サポートの「晶雲薬物」:シリーズBで16億円超を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

新薬開発サポートの「晶雲薬物」:シリーズBで16億円超を調達

続きを読む

結晶多形研究で新薬開発をサポートする「晶雲薬物(Crystal Pharmatech)」が、シリーズBで1億元(約16億円)超を調達した。リード・インベスターは「拾玉資本(Shiyu Capital)」、コ・インベスターは「同創偉業(Cowin Capital)」と「元禾原点(Oriza Horizon)」。資金は、薬材の研究開発、国内外の新薬メーカーやジェネリックメーカーに向けた研究開発サポートに充てられる。同社は製薬企業と共同で設立され、薬剤となる化合物の結晶分野を研究している。臨床開発のリスクを低減させ、研究開発期間を短縮させるべく、クライアントに対してCMC(Chemistry・Manufacturing・Control)サービスを提供している。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手