バイトダンス、28歳社員が急死。妊娠2カ月の妻、「月38万円の住宅ローンが払えず」と悲痛訴え

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

バイトダンス、28歳社員が急死。妊娠2カ月の妻、「月38万円の住宅ローンが払えず」と悲痛訴え

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

2月23日午後、TikTokを運営する中国IT大手のバイトダンスは、従業員が自社提携ジムで心臓発作を起こして急死したと発表した。

バイトダンスの社内説明によると、2月21日18時頃、当該従業員は会社のジムで1時間近く運動した後、めまいがし、その後嘔吐した。19時18分、ジムのコーチが救急通報し、スタッフが心肺蘇生の応急処置を実施した。19時30分、救急隊員が到着し、従業員は病院に運ばれた。

事件後、死亡した従業員の妻と称する女性はSNSで書き込みをした。それによると、死亡した従業員は28歳で、4年前にエンジニアとしてバイトダンスに入社し、普段から残業の多い状態が続いていた。ジムで体調を崩したあと、バイトダンスは適切な対処をしなかったため、救助が間に合わなかったと主張している。

女性は、妊娠2カ月で仕事も収入もなく、現在毎月2万1000元(約38万円)の住宅ローンを抱えているが、返済できないためマンションを売却したいとSNSで訴えた。

バイトダンスは、医療費を全額負担し、遺族を全力で支援をしていくと述べている。 ネット上では、同社が2000万元(約3億6000万)を賠償するという噂が流れているが、女性はこの噂を否定し、両者はまだ補償事項の交渉をしていないと述べた。

TikTokで資産4兆円、30代で引退の理由は「経営者に向いてない」。バイトダンスCEO、後任は大学の同級生

この2年間、アリババ・テンセントなどの中国インターネット企業では、長時間残業をめぐる社会的な論争が広がっている。2月上旬にも、動画サイト「ビリビリ(bilibili)」のコンテンツ審査職の社員が春節(旧正月)期間中に脳出血で亡くなり、激務による過労やストレスが死因ではないかと噂されている。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録