アリババ傘下のアント・グループ、テックメディア「36Kr」の全株売却

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

アリババ傘下のアント・グループ、テックメディア「36Kr」の全株売却

続きを読む

アリババ系フィンテック企業「アント・グループ(螞蟻集団)」が、中国テック系メディア大手の「36Kr」の全株式を売却し、出資から完全に撤退した。アント・グループの投資部門「API」が3月12日に米国証券取引委員会(SEC)に提出した文書で明らかになった。アント・グループは2015年、36krに出資し、撤退直前には約15.1%の株式を保有していた。

同文書によると、売却先の「Qianren LP」は36Kr本社と同じ住所で登記されている。また、Qianren LPのマネージングパートナーが36Krの馮大剛・最高経営責任者(CEO)兼董事会聯席首席であることも示されている。

アント・グループは21年、事業再編に着手した。同年10月には、経済メディア「財新伝媒(Caixin Media)」の全株式を売却し、出資から完全に撤退したことが報じられた。22年1月には、ネット保険会社「衆安保険(ZhongAn Insurance)」への出資比率を13.54%から10.37%に引き下げている。投資事業の相次ぐ縮小は、本業への集中を示している。

規制当局に睨まれた「アント・グループ」、業務改善計画を発表=金融持株会社へ移行の方針

36Krは、TMT(テクノロジー・メディア・通信)業界およびベンチャーキャピタル関連情報の提供を目的に設立され、スタートアップとTMT大手、機関投資家などをつなぐサービスも手掛ける。 2019年11月には米ナスダックへの上場を果たした。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録