22年2月のアプリ課金、TikTokが約300億円で世界首位キープ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

22年2月のアプリ課金、TikTokが約300億円で世界首位キープ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米アプリ調査会社「Sensor Tower」が、22年1月のApp StoreとGoogle Playでの非ゲームアプリ課金収入ランキングを発表した。ショート動画共有アプリTikTokは、その中国版「抖音(Douyin)」と合わせた売上高が前年同期の2倍に当たる2億5800万ドル(約300億円)で、引き続き世界1位となった。

2位はオンラインストレージサービスのGoogle Oneで、売上高は前年同期比143.7%増の1億500万ドル(約120億円)だった。3位から5位は動画共有アプリのYouTube、ディズニー公式動画配信アプリのDisney+、マッチングアプリのTinderの順だった。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録