印EC大手フリップカート、米上場を23年に延期

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新興国短信

印EC大手フリップカート、米上場を23年に延期

続きを読む

ウォルマート傘下のインドの電子商取引(EC)大手のフリップカート(Flipkart)が、今年予定していた米国での上場計画を2023年に延期したことが分かった。関係者2人が明らかにした。

同社はすでに、新規株式公開(IPO)時点の評価額を当初の見込みから約3分の1引き上げ、600億〜700億ドル(約7兆2000〜8兆4000億円)としている。

上述の関係者は、比較的新しい事業であるオンライン医療サービスと旅行予約サービスに注力し、企業価値をさらに高めることがIPO延期の主な狙いだとした。世界中で市場の混乱が続いていることも、IPO計画見直しの一因になったとみられる。

EC大手「Shopee」、インドで事業停止求める声 背後の中国資本を問題視

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録