スマートカーナビゲ―ションシステムの「蘑菇智行」:シリーズAで約130億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

スマートカーナビゲ―ションシステムの「蘑菇智行」:シリーズAで約130億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

スマートカーナビゲーションシステム「蘑菇智行」を運営する「智道網聯」が、シリーズAで1億2000万ドル(約130億円)を調達した。リード・インベスターは「テンセント(騰訊)」、コ・インベスターは「京東(JD.com)」、「黒馬縦横」、「BAI(ベルテルスマンアジア投資基金)」、「易鑫集団(YIXIN GROUP)」など。智道網聯は、車載に適したヘテロジニアス・コンピューティング・アーキテクチャによりデータ処理を高速化した「蘑菇OS」を開発。個人ユーザー向けにはカスタマイズされたアプリとサービスを、企業ユーザー向けには「ハードウェア+OS+プリサービス」のSaaSソリューションを提供している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録