抗がん剤創薬の「華昊中天」:数十億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

抗がん剤創薬の「華昊中天」:数十億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

抗がん剤の研究開発を行う「北京華昊中天生物技術有限公司(Beijing Biostar Technologies)」が、数億元(数十億円)を調達した。リード・インベスターは「国投創業(SDIC Venture Capital)」、「高科新浚(Neovision Capital)」、「成都創投(Chengdu Venture Capital)」、「徳同資本(DT Capital Partners)」。華昊中天は2002年7月、北京市中関村科技園の海淀園で設立された。抗がん剤の中でも分子標的治療に用いるバイオ医薬品の創薬に注力しており、エポチロンを用いた新薬の研究開発を行っている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録