中国家電大手の美的集団、21年売上高は3千億元超す

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社短信

中国家電大手の美的集団、21年売上高は3千億元超す

続きを読む

【新華社北京5月6日】中国家電大手の美的集団がこのほど発表した2021年12月期決算は、売上高が前年比20%増の3434億元(1元=約20円)、初めて3千億元を超えた。純利益は5%増の286億元となった。

 事業部門別では、スマートホームの売上高が13%増の2349億元、産業技術が44%増の201億元、ビルディング・テクノロジーが55%増の197億元、ロボット工学・オートメーションが23%増の253億元、デジタル・イノベーションが51%増の83億元。

市場調査会社の北京奥維雲網大数据科技(AVC)のデータによると、同社は21年、主要家電25品目のうち、家庭用エアコン、乾燥機、炊飯器、扇風機、電気圧力鍋、IH調理器、電気暖房器具の7品目が国内のオンライン、オフライン市場シェアでトップとなった。

また、22年第1四半期(1~3月)決算は、売上高が前年同期比9.6%増の903億8100万元、純利益が11.0%増の71億7800万元だった。

中国家電大手「美的」、東芝ブランド生かし海外シェア1割目指す(二)

東芝白物家電を買収し2年で黒字化、世界最大の家電メーカーに。中国「美的」の成功理由を徹底分析(前編)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録