中国新興自動車メーカー、勢力構造に変化 4月販売台数首位は「Leap Motor」

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国新興自動車メーカー、勢力構造に変化 4月販売台数首位は「Leap Motor」

続きを読む

中国の新エネルギー車市場は新型コロナウイルスの流行で大きく冷え込み、販売台数ランキングにも番狂わせが起こっている。

各自動車メーカーの公式データによる2022年4月の販売台数ランキングでは、これまで知名度があまり高くなかった「零跑汽車(Leap Motor)」が9087台を納車して首位を奪取し、2位には9002台で「小鵬汽車(Xpeng Motors)」、3位には8813台で「哪吒汽車(Neta)」が入った。4位の「蔚来汽車(NIO)」は5074台を納車して前月から順位を1つ上げた。4174台を納車し5位だった「理想汽車(Li Auto)」は、前月の首位から大幅に順位を落とした。蔚来汽車と理想汽車の月間販売台数は、いずれも以前の1万台以上からほぼ半減した。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録