イーロン・マスク氏「中国の経済規模は米国の2~3倍になる」

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

イーロン・マスク氏「中国の経済規模は米国の2~3倍になる」

続きを読む

米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は現地時間5月16日夜、ポッドキャスト「All-in」のインタビューに応じ、「世界第2位の経済大国である中国が、米国を抜き去る日が来るだろう」との予測を示した。

マスク氏は「中国の経済規模は将来的に、米国の2倍あるいは3倍になるだろう」とした上で、中国に対抗するために「私たちはさらに努力し、内輪もめをやめるべきだ」と呼びかけた。

マスク氏が中国と米国を比較したのは、今回が初めてではない。 以前「フィナンシャル・タイムズ」のオンラインインタビューに答え、「中国から非常に強大な企業が複数生まれると考えている。中国には極めて優秀で勤勉な人材が多い。彼らの製造業に対する信念は非常に強い」と指摘し、「中国人は夜遅くまで働くが、米国人はできるだけ出勤しないようにしている」と述べていた。

米国の2021年の国内総生産(GDP)は、米国商務省経済分析局(BEA)によると約23兆ドル(約2990兆円)で、中国のGDPは中国国家統計局によると114.4兆元(約2170兆円)だった。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録