中国EVのNIO、シンガポールに重複上場  自動運転とAIの研究センター設置も

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国EVのNIO、シンガポールに重複上場  自動運転とAIの研究センター設置も

続きを読む

中国の電気自動車(EV)メーカー、上海蔚来汽車(NIO)の親会社、蔚来集団は5月20日、シンガポール取引所に重複上場を果たした。米国、香港、シンガポールの3取引所に上場する初のEVメーカーとなる。

今回のシンガポールでの上場はイントロダクション方式を採用し、新株発行と資金調達は行わない。シンガポール取引所に上場するクラスA株とニューヨーク証券取引所に上場する米国預託証券(ADR)は完全転換できる。

上場記念式典では、蔚来汽車はシンガポールに自動運転とAI(人工知能)の研究開発(R&D)センターを開設すると発表した。また、同社の李斌(ウィリアム・リー)CEOは、2025年までにシンガポールを含む25カ国に事業を拡大する予定だと表明した。

(36Kr Japan編集部)

米上場の中国EV「NIO」、3月10日に香港に重複上場

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録