AIチップの「地平線」:シリーズBで約670億円を調達、評価額は約3400億円に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

AIチップの「地平線」:シリーズBで約670億円を調達、評価額は約3400億円に

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

AIチップメーカーの「地平線(Horizon Robotics)」が、シリーズBで約6億ドル(約670億円)を調達した。リード・インベスターは、韓国「SKグループ」傘下の「SKチャイナ」と「SKハイニックス」、および中国大手自動車メーカー数社と傘下のプのファンド。資金調達後、地平線の評価額は30億ドル(約3400億円)に達した。同社創業者兼CEOの余凱氏は、「2018年はAIチップ元年となった。年間数億元(数十億円)の売上高を計上した。2019年は、売上高が数倍になると見込んでいる」と述べた。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録