「Xiaomi 13」シリーズ、スクリーンが大幅アップグレードか サムスン電子「E6」発光材料に期待

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業特集注目記事

「Xiaomi 13」シリーズ、スクリーンが大幅アップグレードか サムスン電子「E6」発光材料に期待

続きを読む

中国のSNS「微博(Weibo)」でデジタル製品情報を発信する有名なインフルエンサー「@数碼閑聊站(Digital Chat Station)」氏が6月17日、中国スマートフォン大手、シャオミ(小米科技)の「次世代モデル」の仕様を明らかにした。次世代モデルでは、ディスプレーが大幅にアップグレードされ、背面カメラの位置がよりわかりやすくなるという。米クアルコム製のチップセット「Snapdragon 8 Gen2」が搭載されるとしていることから、「次世代モデル」は「Xiaomi 13」シリーズを指している可能性が高い。

同インフルエンサーの情報によると、Xiaomi 13シリーズには超狭額ベゼルが採用され、韓国サムスン電子製の発光材料「E6」を用いた大画面2Kディスプレーが搭載されるとみられる。E6は「Xiaomi 12 Pro」で採用されている「E5」と比べ、ブルーライト削減効果と発光効率が向上しているという。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録