メタバースへの支出、2030年までに年間5兆ドルに増加 マッキンゼー予想

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

特集注目記事

メタバースへの支出、2030年までに年間5兆ドルに増加 マッキンゼー予想

続きを読む

米コンサルティング大手「マッキンゼー・アンド・カンパニー(McKinsey & Company)」はこのほど発表した最新リポート「メタバースにおける価値創造(Value Creation in the Metaverse)」で、企業および消費者によるメタバース関連支出は2030年までに年間5兆ドル(約675兆円)に達する可能性があると指摘した。

メタバース関連の支出のうち、電子商取引(EC)が2兆〜2兆6000億ドルドル(約270兆円〜350兆円)を占め、バーチャル広告が1440億〜2060億ドル(約19兆〜27兆円)を占める見通しだという。ちなみに、21年のAI(人工知能)分野への支出は930億ドル(約12兆円)だった。

マッキンゼーはリポートの中で、メタバースにはゲーム、社交、フィットネス、商取引、遠隔学習という5種類の日常活動が含まれるようになるとの予測を示している。

メタバースにリアルなオフィス街を再現。中国スタートアップが描くVRオフィスの未来形

(36Kr Japan 編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録